なにかと空気の汚れが気になる昨今ですが、乾燥気味な季節とともに気になってくる空気の汚れ。

今回は、室内の空気をきれいに清浄するフィリップ社製の空気清浄機AC2939をレビューします。



フィリップス空気清浄機をレビュー!

フィリップス空気清浄機 AC2939は、3機種あるフィリップス空気清浄機の中の一番大きい型の空気清浄機。

フィリップスは、ヘルスケアを中心とした医療機器メーカーでオランダのアムステルダムに本強を置き、1953年から日本にも進出し株式会社フィリップス・ジャパンが設立されました。

そんなフィリップ社が取り扱う空気清浄の中の一つがAC2939で、清浄面積が27畳というからそれなりの広さの空気清浄が可能で、頼もしさを感じる清浄機。

容量が大きく周りの多くの空気をきれいにすると思われますが、実際のところどうなのかを口コミ内容を確かめてみたいと思います。

フィリップス空気清浄機 AC2939の口コミ

フィリップスの空気清浄機AC2939は、多くの方たちが使用しているので口コミも多いですが、下記に口コミが分かりやすいように箇条書きで端的にまとめてみました。

口コミ
・今までの清浄機と比べても一番効果を感じる。
・音も静かで寝ていても気になりません。
・メンテが簡単で使いやすい。
・アプリ操作がいまいち。
・ニオイに対しての反応が良い。
・ほこりに対するセンサーの反応が良くない。
・センサーが機能しない。
・空気の汚れと臭いに対して強力に反応する。


AC2939の口コミを確かめてみましたが、内容は賛否両論あるという結果の口コミ内容と感じました。

ただ、変だと思ったのはセンサーの機能面で、センサーの働きがする人としない人がいるようです。

もしかするとセンサーの働きがやるい人の場合は初期不良なのではと思えましたが、そんなときは速やかに返品交換をおすすめしたいと思いましたね。

せっかくいいものを使っているのですから、良くないと感じるならばすぐ交換という手配を取って満足いく使い方をしたいものですよね。


フィリップス空気清浄機 AC2939の特徴

フィリップス空気清浄機 AC2939の特徴を下記に示してみました。

・タッチスクリーン
・アプリ操作
・AeraSenseセンシング技術
・4つのモード機能
・簡単交換で高機能のフィルター


AC2939の特徴を下記に説明します。

タッチスクリーン

AC2939の上部に設けられたタッチスクリーンは見やすく、また立ったまま簡単に操作が行えストレスも感じません。

タッチスクリーン内の操作では、チャイルドロックの設定や空気の状態が確認できます。

アプリ操作

AC2939はスマートディスプレイでも操作が行えるほかアプリでも操作が簡単に行える特徴をもちます。

ただ、口コミ内でのアプリ評価はあまり良くないと感じました。修理依頼が必須と思いましたが!

AeraSenseセンシング技術

AeraSenseセンシング技術とは、室内の空気の汚れを瞬時に1から12までのゲージに把握しモニターに表示するセンサー。

空気中に汚れ物質粒子が存在するわずかな変化に対して正確に対応する反応の鋭い働きがあるセンサーで、リアルタイムの働きでPM2.5の汚れを感知するため、安心した空間で過ごすことができるシステムです。

4つのモード機能

AC2939には4つの切り替えモードが装備されています。

・自動モード
・ターボモード
・ジェントルモード
・スリープモード


自動モードにすると室内の環境に応じた機能が自動で制御され、そのままにしていても室内の空気がキレイに保たれて手間いらずな環境が実現します。

室内の空気の汚れが目立ってきた場合に頼りになるのがターボモード。ターボモードを操作すると、室内の空気が瞬時に一掃され快適空間へと変わります。

ジェントルモードまたはスリープモードでは低速の動きに変わり、テレビ鑑賞や勉強や仕事や就寝時など静かな環境を必要とする場合などに有効作用するモードです。

簡単交換で高機能のフィルター

AC2939には高機能HEPAフィルターが装備され室内空間をきれいに保たれますが、2か月に一回の割合でクリーニングが必要です。クリーニングの詳細は説明書から確かめられるため、クリーンな空間を維持するためにもよく読んでみることをおすすめします。

フィリップス空気清浄機 AC2939の評判

フィリップス空気清浄機 AC2939の評判は、賛否両論といった内容と感じています。

機能面では高機能のフィルターによって室内空間の清掃状態は良好に保たれると感じましたが、アプリ操作の不具合が目立つ口コミ内容も多く見受けられました。

ただ、メンテも比較的簡単で値段とも照らし合わせた場合の評価は高いのではと感じました。


フィリップス空気清浄機 AC2939のデメリット

・アプリ操作がいまいち
・定期的なメンテが必要


AC2939の口コミを見ていると、アプリ操作がうまく機能しないという人たちが多くいましたが、中にはスマホでの遠隔操作が日本では適用されていないという意見もありましたが、真相が把握しきれていません。

高機能のHEPAフィルター性能は、予想をはるかに超える働きがあるフィルターのようです。ただ、高機能が故のメンテ作業を2か月に1回の割合で行わなければ性能を発揮することはできないようです。

フィリップス空気清浄機 AC2939のメリット

・高機能フィルター
・ニオイ除去効果


HEPAフィルターといわれる高機能フィルターの性能によって、室内空間はよりきれいに保たれるようです。PM2.5に存在するアレルゲン粒子を一掃する働きは安心感さえ覚えるメリットが高いと思えます。

仕様と説明書

AC2939の説明書は、こちらから確認できます。

AC2939の仕様は、下記を参考にしてください。↓

製品名 AC2939
清浄面積 27畳
清浄時間 12畳:8分
空気供給量 380m³/h
フィルター NanoProtect HEPA+活性炭
フィルター交換目安 約36ヶ月
切替モード 自動、ターボ、ジェントル、スリープ
運転音 15dB~54dB
待機消費電力 1.2W
入力消費電力 41.1W
最大消費電力 46W
1時間の電気代 1.2円(最大時/基本料:27円)
サイズ 27.4D x 27.4W x 58.5H cm
重量 8.01kg
価格 34,800円
保証 2年

まとめ

フィリップス空気清浄機 AC2939をレビューしましたが、どう感じたでしょうか?

フィリップスには多くの空気清浄機が用意されています。そのすべての空気清浄機には高機能のHEPAフィルターが装備され室内空間をよりクリーンにする性能があります。

ただ、あるピ操作がうまくいかないといったなどの口コミも見受けられますが、そういったときは速やかな保証制度を活用するのも必要かなと感じました。