フィリップス空気清浄機 AC0850は、フィリップス空気清浄機の中においても一番安価で購入できる空気清浄機として人気があります。

ただし評価も賛否両論あるのも事実ですので、詳しく見ていきましょう。



フィリップス空気清浄機 AC0850をレビュー

フィリップス空気清浄機 AC0850は医療関連機器メーカーとしても有名ですが、オランダはアムステルダムに本社を置き、他国にも各フィリップスメーカーが存在します。

日本では「株式会社フィリップス・ ジャパン」として東京都港区に1953年に設立されている医療機器メーカーとして有名です。

そんなフィリップス・ ジャパンが扱う3種類の800iシリーズ「AC0850・AC1715・AC2939」空気清浄機がありますが、このページでは一番安価なAC0850をご紹介しています。

早速その空気清浄機 AC0850口コミから確かめていきましょう。

フィリップス空気清浄機 AC0850の口コミ

AC0850の口コミが分かりやすいように、下記に箇条書きで端的に紹介してみました。↓

口コミ
・形や大きさが気に入り快適になった。
・便利なオートモードでシッカリ機能している。
・たばこの煙も普通に吸っているが多い量だと無理かも。
・軽量で持ち運びやすく使いやすい。
・アプリ連動機能が使いやすい。
・ニオイや鼻炎が変わらず残念。
・フィリップス独自のAeraSenseが効果を発揮している。
・強では音がうるさすぎるので使えない。


賛否両論の口コミ内容と感じましたが、効果を得られていいる人もいましたがパワー的に見るとやはり他の2機種地と比べると非力な分効果が感じられずらい感じかなと思いました。また音もうるさいといった口コミも見かけたので、もう一つ上の機種を選ぶのも手かなと思いました。

フィリップス空気清浄機 AC0850の評判

フィリップス空気清浄機 AC0850の評判は、実際に使っている人の中においては五分五分といった評価ですが、環境など人それぞれで違うため一概に評価しずらい部分もありました。

ただ、安価で購入できる空気清浄機にはフィリップス独自の最先端技術アエラセンスAeraSenseといわれるシステムが備わっていて小型でも素早く清浄出来ると評判な面もありそうです。


フィリップス空気清浄機 AC0850のフィルター

フィリップス空気清浄機 AC0850は一番コンパクトに設計された卓上用空気清浄機ですが、プレフィルターや静電HEPAフィルターと活性炭フィルターなどを合わせた構造のフィルターによって0.003ナノレベルまで清浄出でき、13畳までの部屋の空気をきれいにします。

フィリップス空気清浄機 AC0850の車載用

フィリップス空気清浄機には車載用も用意されているそうです。

800iシリーズではなく車載用は5000シリーズといわれる車載用空気清浄機で、車移動時の頼もしい除菌効果を味わうことがでるようです。清浄効果は0,004μmまでの粒子をキャッチということなので、0.1μmの大きさのウイルスもしっかり対応できるようです。

気になった方は、確かめてみてくださいね。

フィリップス空気清浄機 AC0850のデメリット

・清浄容量が少ない
・音がうるさい


フィリップス空気清浄機 AC0850のデメリットは大きく2つ。

容量が小さいため、その分清浄する機能にも限りがあるように思われます。口コミ内でも清浄効果を感じずらいという意見もありました。ただ、コンパクトな設計なので、狭い部屋などでは効果を発揮しそうと思えます。

音がうるさいという口コミを見かけて気になりましたが、小さなスタイルなので強運転すれば当然の成り行きかなとも感じましたが、もし音が気になるようでしたら、もう一つ上のランクを選択するという方法もあります。

フィリップス空気清浄機 AC0850のメリット

・静音
・コンパクト
・アプリ管理


口コミ内では音がうるさいという否定的な意見もありましたが、たしかに強運転での音がうるさいと感じるようですが、レベルを下げると静音そのものに感じるかと思われます。

それよりもコンパクト設計された本体なので、置き場所など狭い空間場所での使用に向いている機種かなと感じます。それにアプリ操作の使い勝手がよさそうと実際使っている人の口コミからも伝わってくるメリット部分もあるようです。


仕様

フィリップス空気清浄機 AC0850の説明書は、こちらから確かめられます。

フィリップス空気清浄機 AC0850の仕様は、下記を参照ください。

商品名 フィリップス空気清浄機 AC0850
清浄範囲 12畳
清浄時間 12畳:16分
独自システム アエラセンス(AeraSense)
操作モード ・自動モード
・ターボモード
・スリープモード
フィルター HEPAフィルター
センサー 光センサー
モニター なし
運転音(dB) 19dB~49dB
消費電力(W) 1.5W/17.7W
1時間あたりの電気代 約0.5円
外形寸法 36.7㎝×25㎝×25㎝
質量 約2.48㎏
電源コード長さ 記述なし

まとめ

フィリップス空気清浄機 AC0850はコンパクト設計なので、狭い空間の部屋などに適した空気清浄機と感じます。もっと広めの部屋などに向いた機種はAC1715やAC2939を確かめると良いと思いました。

小型ながらパワーはありそうですが、自動モード時では静音を保ちそうですが、ターボ時ではかなりの騒音が出るようですので、使うとだったら自動モードがおすすめのようです。

電気代もほとんどかからないため、費用対効果は高いと思える空気清浄機ではないでしょうか?