エアドッグx8Proとx5sとx3sの違いをレビュー評価してみた!




エアドッグX8ProとX5sとX3sの違い

いま売られているエアドッグの種類にはX8ProとX5sとX3sがあります。

(数値の比較データ)

機種名 X8 Pro X5s X3s
ウイルス除去効果 99,9%以上 99,8%以上 99,8%以上
適応スペース 139畳/30分間(214m²) 42畳/30分間(65m²) 31畳/30分間(48.6m²)
動作音 26~50.5dB 22.3~1dB 22.3~46dB
サイズ 高76cm×奥38cm×幅38cm 高65㎝×奥31.6cm×幅30.6cm 高52cm×奥26cm×幅26cm
重量 19.7kg 10.7kg 7kg

それぞれの違いをレビューしました。参考にしてください。


エアドッグ X8 Pro

エアドッグ X8 Pro(プロフェショナルモデル)は、3機種の中で清浄容量が最も多い機種です。

最上部横に円形のAQI&CO2モニターを装備して空気の汚れ具合や二酸化炭素の濃度を示し、換気の有無が一目で分かる仕様です。

空気清浄効果の範囲は、139畳に及び、平米(へーベー)に直すと214m²ものスペースを約30分でクリーン化する能力を持っている空気清浄機です。

サイズは、表にあるように高さが76㎝で奥と幅が約38㎝の大きさは、かなり大きいのかなと思えます。重さも19,7kgという重さはかなり重い部類になりそうです。

X8 Proのおすすめな使用場所は大きさや重さなどから業務用と思えるので、企業や団体などの広めのオフィス空間などに適していると思われますね。

エアドッグ X5s

エアドッグ X5sは3機種ある中で中間に位置する集塵能力を発揮する空気清浄機です。

上方横にモニターを有し、上方の光センサーによって汚れを感知するシステムです。

空気清浄効果の範囲は42畳分(65m²)を30分程度で集塵でき、99,8%のウイルスを除去できるようです。

サイズは、表にあるように高さが65㎝で奥と幅が約30㎝の大きさは、比較的大きいのかなと思えます。重さは10,7㎏でX8 Proよりは軽めですが、空気清浄機の中ではかなり重い部類になります。

おすすめな使用場所は、会社のオフィスや店舗、またちょっと広めの会議室の場所が適していると思われます。家庭用でも大き目のリビングなどにも、集塵効果が発揮され向いているかもしれません。

ただし、何もない空間の42畳分を30分で集塵するという効果なので、物が散乱する室内の実効果においての集塵効果は42畳分よりも狭くなる可能性があると思われます。

つまり、普通の家庭の居間で使うとより一層の効果が見込めるということにもなりそうです。


エアドッグ X3s

エアドッグ X3sは3機種ある中で最も小さく作られている集塵能力を発揮する空気清浄機です。

センサーも他の2機種と同じく上方横にモニターを有し、上方の光センサーによって汚れを感知するシステムです。

空気清浄効果の範囲は31畳分(48.6m²)を30分程度で集塵でき、99,8%のウイルスを除去できるようです。

サイズは、表にあるように高さが52㎝で奥と幅が約26㎝の大きさは最も小さく感じ、重さも7㎏と軽めで運びやすいと感じました。

おすすめな使用場所は、比較的蜜の少ない場所での用途がおすすめですが、31畳分の集塵効果が見込めるため一般家庭での使用にも十分使えるのではと思います。

3機種に共通する効果や機能

フィルター

3機種に共通する効果には、フィルターの存在があります。

通常であれば空気清浄機に装備されていないウイルスを除去する能力を持ち、しかも99,9%以上を除去するというフィルターを装備しています。

装着されたフィルターは米国で特許取得したフィルターで、「米国特許番号:US9868123B2/US9735568B」を取得した独自のテクノロジーでつくられた「集塵フィルター(TPAフィルター)」を中央に、その前後に「プレフィルター・オゾン除去フィルター」がそれぞれ装着されています。

特許を取得したTPAフィルターの集塵効果は、国内外すべての空気清浄機を見ても0.1~0.3μmが通常のフィルターに対し、0.0146μmという微細粒子まで除去する効果があり、今までにない画期的なフィルターで空気が清浄化されます。しかも、空気を正常化するだけではなく臭いに対しても無臭効果を発揮します。




X8 Proは第三者機関試験に基づく試験を行い、おもに病院や教育や公共施設など広域および蜜の場で使用され効果を発揮しているようです。

TPAフィルターが最も他と違う点はフィルターの構造だと思われます。

TPAフィルターの集塵メカニズムで電磁場をつくり、有害物質をプラスイオンで帯電させたものを磁石にも似た作用によってフィルターに吸着させるという原理を応用して作られているため、吸引力が衰えにくいのが特徴です。

しかも、通常のフィルターは交換式がほとんどですが、TPAフィルターは電極版に付着した汚れを落とすだけの手入れを定期的にするだけで、半永久的に使用できるので、値段の高くなりがちなフィルター交換が不要なためコスパにすぐれているといえます。

通常のフィルターはろ過システムによるフィルターが一般的ですが、TPAフィルターの汚れと並行した定期的な手入れもキッチンの洗剤を使い水洗いできます。


ファンモーター

3機種と主に使われているファンモーターの静音性は、実際に使用している方たちが実感している内容からも大中小とある中においても静かだという感想が多いです。

センサー

空気の汚れを感知するセンサーは上部に取り付けられて感知する方式になっています。

まとめ

3機種のエアドッグの違いをレビュー評価してみましたが、装備されているフィルターが今までにないフィルターだと思いました。

エアドッグの性能を調べるうちに、通常使われているフィルターよりも集じん作用に無駄がなく効果が衰えないので、空気がいつもきれいに保てるのではと思えました。

あと、定期的に交換するフィルターって意外と高いものなので、交換不要というフィルターには魅力を感じましたね。つまり、値段から見てもコストパフォーマンスにすぐれているといえますよね。

しかし大きさと重さについていえば、一般家庭でのX8 Pro使用は論外と思いますが、X5sとX3sであれば一般家庭でもこのコロナ過の中でも威力を発揮するのでは?と思います。


価格的に見た場合での高価といえるのも、特許取得という要因もあるため致し方ないところかもしれません。でも、それでの効果が空気を浄化するだけではなくウイルスにも効果が見込める分、使っていても日々の生活に安心できる材料にもなりそうです。

コロナ過の中、ウイルスや菌が気になる、さらにはカビ菌や花粉もペット臭も気になるという方であれば、使ってみるほうがいいのではと感じました。