乾燥が激しくなる冬場の季節ともなると、肌荒れや喉の乾燥が深刻化に!

そんな空気が乾燥する季節に重宝するのが「加湿器」。

その加湿器にも種類が豊富にありますが、このページではエアドッグ空気清浄機で有名な株式会社トゥーコネクトが販売する「エアドッグ加湿器」をレビュー。

エアドッグ加湿器が気になる方は、参考にしてください。



エアドッグ加湿器をレビュー!

エアドッグ空気清浄機で有名になった株式会社トゥーコネクト。

そのトゥーコネクトが第3弾として発売するのが「エアドッグ加湿器」。

エアドッグという空気清浄機が2020年6月9日から販売され、2021年10月11日からはエアドッグミニという携帯用の空気清浄が販売。そして新たに2022年12月20日から販売開始されている最新のエアドッグ加湿器。

まずは、エアドッグ加湿器の特徴を下記に掲載してみました。

エアドッグ加湿器 モイ(moi) の公式サイト

エアドッグ加湿器の特徴

エアドッグ加湿器は、気化式システムの加湿器。

気化式加湿器の特徴は、フィルターに水を通しファンを使用して風を通過させ、気体として放出されるので水の粒子が細かく、電気を使わないのが特徴的。

さらに、タンク内の水をオゾンで除菌させるシステムを採用し、他の加湿器にはないクリーンな加湿が可能。

そんなエアドッグ加湿器にはデメリットがあるのでしょうか?下記にデメリットを掲載してみました。

エアドッグ加湿器のデメリット

・ファンのL4時の音


加湿されるために、なくてはならないファンの存在。しかし、加湿器にありがちなデメリット部分といえば、送風用ファンに使用されるモーター音。

エアドッグ加湿器に組み込まれているファンの容量は、「L1=8.5W, L2=13W, L3=14.5W, L4=18W」。

L1からL3まではほとんどうるさいと感じることはないと思われますが、L4の最高値では若干気になる音に感じるかもしれないというデメリット部分がありました。


エアドッグ加湿器のメリット

・オゾンの力で雑菌の繁殖が抑えられる。
・気化する水の粒子が小さい。
・電気代がかからない。
・本体が熱くならず安全。
・自動加湿調整で過加湿を防ぐ。


順を追って説明します。

オゾンの力で雑菌の繁殖が抑えられる

エアドッグ加湿器の最大のメリット部分でもあるオゾンシステムの採用。

通常の加湿器のタンク内の水の除菌はされず、菌が繁殖する可能性を秘めています。

エアドッグ加湿器のタンク内にはオゾンを放出させ水中に繁殖する雑菌を排除させるため、クリーンできれいな水が放出され安心して肌や喉へのうるおい加湿が安心して得られるメリットがあります。

さらに、フィルターを通すことによって雑菌の繁殖が抑えられるという特徴があり清潔な水の粒子が放出されます。そのため、安全で安心感のある加湿が得られます。

菌の繁殖が多い超音波式加湿器や電気代のかさむ電熱機を採用している加湿器などと比べても、雑菌の心配もなく安全でゆとりある使い方ができるメリットがあります。

気化する水の粒子が小さい

気化式加湿器から放出される水の粒子は小さいのが特徴的。

フィルターに通した水分子をファンの力によって放出させるので、より細やかな微細分子となった気体が室内全体に漂うメリットがあります。

エアドッグ加湿器 モイ(moi) の公式サイト

電気代がかからない

スチーム式(加熱式)加湿器やハイブリッド式加湿器は、電熱器を利用して菌の繁殖や気化効率を高め効率よく加湿されるという特徴がありますが、電気代が高くなるというデメリットがあります。

気化式を利用したエアドッグ加湿器には電熱システムを利用していないため、電気代はファンを回す動力のみなので、ほとんど電気代はかかりません。

最大風量でも18Wのため、時間に換算しても約0.5円のみで済みます。

本体が熱くならず安全

電気を使用した加湿器ではないため、スチーム式(加熱式)加湿器やハイブリッド式加湿器のように本体が熱く加熱される危険性がなく安心感のある加湿器として使用できます。万が一の火災が起きるなどの心配もありませんよね。

自動加湿調整で過加湿を防ぐ

エアドッグ加湿器には湿度センサー連動オートモード機能がついているため、室内の湿度環境を最適な一定の加湿空間が維持されます。

いつでも、最適な空間で過ごせるので、肌や喉のトラブルに見舞われることもないので、突発的な仕事などへのトラブルも起きませんよね。


エアドッグ加湿器の購入場所

エアドッグ加湿器を購入する場所は、今の段階では公式サイトのみのようです。

楽天やAmazonでは新しく販売されたという理由もあり、まだエアドッグ加湿器を取り扱う店舗がないようですが、エアドッグ空気清浄機が人気のため、近いうちに取り扱う店舗も出てくると予想できます。

エアドッグ加湿器を購入しようと思っている方は、もう少しの我慢が必要です。

加湿器の種類

加湿器の種類には

・超音波式
・スチーム式(加熱式)
・ハイブリッド式(加熱気化式)
・気化式


加湿器には、上記に挙げた4種類あります。

超音波式

超音波式加湿器は、水に振動を起こさせ微細なミストをファンによって拡散させる方式の超音波式加湿器。

電熱器を使用しないため電気代がかからず経済的というメリットがある反面雑菌が繁殖する可能性が高く、毎日のメンテ作業が必須というデメリットがある加湿器。

スチーム式(加熱式)

スチーム式(加熱式)加湿器は、ヒーターで水を温め、蒸発させた水蒸気をファンの力によって放出させる方式の加湿器。

水を加熱させるためタンク内の雑菌の繁殖は抑えられますが、電気代が高くつくのがデメリットです。また、熱くなったお湯で火傷する可能性もあります。

さらに、使い始めは時間がかかるというデメリットやカルキの付着問題もあり、加湿能力が低下する場面も出て来ます。

ハイブリッド式(加熱気化式)

ハイブリッド式(加熱気化式)加湿器は、フィルターに通した水を加熱した空気をファンで送風し、加熱気化式によって放出する方式の加湿器。分かりやすくいえば、蒸しタオルに風を当てるようなイメージですね。

電熱ヒーターも温まりやすく水の粒子も細かく雑菌の繁殖も抑えられスムーズな加湿が可能ですが、電熱器を使用するため電気代が高くつくのがデメリットです。

エアドッグ加湿器 モイ(moi) の公式サイト

まとめ

エアドッグ加湿器 モイ(moi)の一番の特徴は、「タンク内の水がキレイに保たれる」ことが、他の加湿器にはない最大の特徴でありメリット部分かなと思います。

さらに、加湿器には4種類「超音波式・スチーム式(加熱式)・ハイブリッド式(加熱気化式)」とありますが、電気代もかからず効率よく加湿される加湿方式「気化式加湿器」を採用したのがエアドッグ加湿器。

ただ、気化式加湿器のデメリット部分でもあるタンク内の雑菌繁殖問題をオゾンシステムによってクリアし、安心安全のもとに使用できる加湿器に仕上がっていると感じます。

ただし、一番のネックになっている部分が価格かもしれませんが、電気代もかからず安心して長く使えることを思えば、この価格ありきと考えることもできますが。