ケノンの特徴や脱毛効果が気になる人のページ!使った結果や口コミや脱毛の疑問を掲載してみた!

身体中の毛が気になっている人は私を含め多いと思いますが、そんな人たちに人気なのが脱毛器。

昨今この手の脱毛器が人気で数多く発売されていますが、その脱毛器の中でも特に有名で人気なのがケノン。


ケノンは、ずいぶん昔からあるように思える家庭用脱毛器ですが、いまでは脱毛器のなかで不動の地位を築いています。

そんな人気のケノンのどういったところに特徴があり人気になっているのでしょう?さっそくケノンの特徴を見てみましょう。



ケノンの特徴

身体中にある体毛は各部位によって毛の質が違い硬さも違ってきますが、その毛質に合わせられる脱毛器の数は少ないと感じます。

そんななか、ケノン脱毛器には毛の質にあったカートリッジが用意され販売されています。

他の脱毛器にはカートリッジは存在せず、照射部が本体と一体になった脱毛器がほとんどです。

たとえば、口髭と脇と陰部の毛は比較的硬く、腕や太ももや背中などの毛質は柔らかいのが特徴的ですが、このように脱毛器の照射部分がカートリッジになっている脱毛器はケノンしかないように思います。

ケノンはカートリッジ式脱毛器

値段が安い脱毛器の場合は使い切りタイプが多いです。使い切りタイプとは、決められた照射回数が終わるとその時点で使えなくなるシステムの脱毛器という意味です。

ケノンは、カートリッジに照射回数が設定されおり、カートリッジの照射回数が終了した時点で、そのカートリッジは交換となりますが本体はそのままで使用できます。

つまり、本体は交換せずカートリッジだけを交換し続けて使うというシステムの脱毛器なので、費用対効果が良いという結果になりそうですが、このカートリッジの交換にも費用が掛かります。

カートリッジの種類

カートリッジは、全部で5種類。

他のサイトでは6種類とありますが、現在プレミアムがなく付属されているのはスーパープレミアムのみ。

・スーパープレミアム
・ストロング
・エクストララージ
・ラージ
・スキンケア

スーパープレミアム:身体全身(3,5㎝×2㎝=7cm2
※スーパープレミアムは最初から付属され、全身に使用できる万能タイプカートリッジ。これ1個で300万発使用できるすぐれものの照射面積が2番目に広いカートリッジ。

ストロング:強い:ひげ、わき毛、VIO(3㎝×1,5㎝=4,5cm2
※ストロングは、剛毛に適したカートリッジ。濃い部分の「口ひげ、わき、VIO」などへアプローチすると効果てきめんの照射面積が狭いカートリッジ。

エクストララージ:広範囲:腕、足、背中(3,7㎝×2,5㎝=9,25cm2
※エクストララージは、広範囲に適したカートリッジ。広い面積の「うで、あし、背中」などへの使用が適した広範囲にアプローチする照射面積が最も広いカートリッジ。

ラージ:広い・狭い場所(3,5㎝×2㎝=7cm2
※ラージは、広い場所や狭い場所に適したカートリッジ。エクストララージと同じく広範囲や比較的狭い場所でも使用でき「うで、あし、背中、口ひげ、わき、VIO」と、スーパープレミアムのように万能に使えるカートリッジ。ただ、口ひげとわきとVIOは使用できるものの、適材適所のストロングを使用したほうが賢明。照射面積はスーパープレミアムに続く広さで使いやすい。

スキンケア:弱い:顔(3㎝×1,5㎝=4,5cm2
※美顔器用スキンケアは、唯一顔に使用できるカートリッジ。肌の弱い部分である「顔」に適したやさしくアプローチする専用の照射面積が狭いカートリッジ。


ストロングとエクストララージを今オフィシャルサイトで購入すると54%OFFでお得に購入することができるチャンス。さらに、ラージは66%OFF。

ただ、最初はスーパープレミアムが付属されているので、我慢して使って不満が出てきたときに購入を考えればいいのかと。


ケノンを使った人たちの口コミ

ケノンを実際に使った人たちの口コミ集を下記に箇条書きで端的にご紹介します。↓

・1週間が終わり3回目で効果を実感できました。
・2週目済んだあたりから1週間剃っていないのにほとんど生えてきていません。
・保冷材でシッカリ冷やせばレベル10でも痛みもなく後もつかない。
・剛毛過ぎるの効果がみられない。
・あきらかに生えてくる感覚が遅くなりサロンよりも効果が出ている。
・レベル10は充電時間がかかりすぎ。
・アトピーでも使えて肌がきれいになった。
・中古品は購入するものではないと断言できる。


口コミの意見は賛否両論ありますが、ウソではなく圧倒的に使ってよかったという声が多かったですが、特筆すべきはアトピー症状にも効果があるということ。アトピーの話題は後記にも触れています。

脱毛効果の押さえておきたい重要ポイント

ケノンや他の光脱毛器で効果を体験できますが、個人差があるのも事実。

”生えてくる間隔が遅くなる”などの効果が出る人と、1か月やっても効果が表れないという方も。

効果が遅い理由は、照射タイミングが合っていない場合や毛質の違いがほとんど。

照射タイミングが合っていない

通常一度光を受けた毛は1週間から3週間で抜け落ちますが、毛には成長サイクルがあり最も光脱毛に効果的な時期は毛根の「成長期」といわれています。

反対に、最も脱効果がないときは「休止期」といわれるように、もし光脱毛をしているのにもかかわらず効果がない場合は休止期に光を照射している可能性が高いと思われます。

休止期が済み成長期に入った毛球は黒い色素成分や水分が多く生成される時期でもあるため、その部分に光照射を充てることで毛球を弱らせることができ、脱毛効果が高まるといわれています。

つまり、この成長期に照射することで、これから成長するであろう毛根を死滅させ、脱毛効果が高まるのです。

もし脱毛器を使って効果が遅いと感じた方は、毛根の成長期にあっていない照射をしている可能性が高いのではと思えます。

この状態を解消する方法は、今行っている照射タイミングをずらすことが効果が出てくる可能性を高める手段かと思います。

たとえば、1日おきに行っているのであれば、2日開けて行うと照射タイミングがずれて脱毛効果が高まる可能性が上がると思いますので実行してみてください。

毛質の違い

比較的柔らかい毛が生える人の脱毛効果は、結果が出やすい傾向にあります。

ただ俗にいわれる剛毛が生える人の場合は、ジュールレベルの高い脱毛器の使用がベスト。しかし、ジュールがそれなりにある脱毛器をもうすでに使用している方は、上記方法を試みる。

さらに、それでも効果が出にくいと思う方は、下記に示す方法が効果的ではないでしょうか?



家庭用脱毛器で効果が出ない場合の対策!

それでも効果が出ない場合は、サロンではなく脱毛クリニックで診察して、あなたに合った毛周期で脱毛効果を得る方法もあります。

ただ腕のいいクリニックを選ぶようにしてください。おすすめは「クレアクリニック」。

クレアクリニックは、美容業界でも経験豊富な医師や看護師やスタッフが多いことで知られる女性のための脱毛専門クリニック。

カウンセリングから施術を経てメイクルームまで全てが完全個室制で、個人のプライバシーが管理されているので、人目が気になる人向けの良心的クリニック。

新宿院は人気で有名ですが、あらたに渋谷院も新規オープン。

病院のモットーとして「こんなクリニックなら自分も通いたい」という美肌思いへの理念を掲げた理想のクリニックとして人気があります。

また、施術後には美肌アロマケアのアーユルヴェーダを行ってくれるので、施術後に負荷がかかったお肌でもツルツル状態に。

今は、カウンセリングを無料で予約できます。いきなりはチョットと気が重い方は無料でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?(無料のカウンセリング予約を確かめてみる

クレアクリニックの特徴

クレアクリニックにかかる人たちが感じたクレアクリニックの特徴が下記。↓

▶医師や看護師やスタッフ全員が女性専用のクリニックで安心できる。
▶「カウンセリング → 施術 →メイクルーム」まで全て完全個室制でプライバシー重視で一目気にならない。
▶「KAMAアーユルヴェーダオイル*¹」を使用の美肌アフターケアを無料で提供中。
▶コース終了後であっても硬毛化保証制度など保証制度全般が充実。
▶脱毛効果が高いといわれている「ライトシェア・デュエット*²」が採用されている。

*¹=KAMAアーユルヴェーダオイルとは、不老不死のために研究されたといわれている、植物オイルとインド原産のハーブを取り入れたインド漢方オイル。
*²=ライトシェア・デュエットとは「近赤外線*³」を利用した熱破壊(ねつはかい)式ダイオードレーザーを使い、毛根のメラニン色素のもとへ強力にアプローチし、

肌への負担は最小限に抑える脱毛法。
*³=近赤外線とは、反射鏡を使い狭い範囲に集まる光を応用した加熱システム。


タダ残念なのが、クレアクリニックは全国展開していません。

東京近辺のみの方しか赴(おもむ)けないというデメリットは致し方ないと思いますが、近辺の20代から40代でありながら脱毛処理に悩んでいるのであれば、ぜひ効果を体験してみてはいかがでしょうか。(クレアクリニックを確かめてみる

脱毛でやってはいけない行為

脱毛をするうえで、やってはいけない行為があります。

そんな行為ってなんでしょう?下記に掲載してみましたので参考にしてください。↓

逆さ剃り

逆さ剃りがダメな理由は、毛穴の周りに傷がつく可能性があり、そのまま照射すると痛みが出る場合や炎症を起こす可能性があるため。

もし逆さ剃りをする場合やもうすでにした場合は、炎症止めを塗り1日~2日置いた後に脱毛するのがおすすめ。もし脱毛する日に多少伸びていても2㎜までならOK。

毛を剃る場合は、フェイスシェーバーがおすすめ。理由は肌に傷がつきにくいため。

Vラインの毛は剛毛のため、ハサミは切れ味鋭い散髪専用のハサミを使用。ざく切りカットしたあと、電気バリカンや電気シェーバーをかけるのがおすすめ。

Vラインも逆さ剃りはダメで、毛に沿った処理が重要なポイント。さらに、剃ったあとの保湿も重要なポイントで、肌バリアを修復させる重要な手入れ法だと思ってください。

夏場の脱毛処理

体質的に肌が弱くかゆみなどの症状になりやすい方の夏場の脱毛処理は避け、秋口から冬をかけ春先までの間の脱毛処理がおすすめ。

脱毛処理後の肌への負担

脱毛処理(照射)は軽い日焼けと同じ状態のため、24時間(人による)身体に負担のかかる行為は避ける。

かゆみや発疹やただれが起きたりする可能性があるので要注意。注意する事柄は「お酒、熱い湯船に浸かる、過度なストレス」など、細胞へ負担がかかる行為。

脱毛する上での疑問を解消

自分で家庭用脱毛器を使うとき、つい疑問に思うことがあると思います。

そういった疑問に思う問題を定義して、解決する文言を下記に掲載してみました。↓

ポツポツ黒く見える理由

毛を剃るとき、毛が太い場合毛に沿った剃り方では濃くポツポツと黒点のように目立ってしまいます。

そんな状態が恥ずかしくて見過ごせない場合は、逆さ剃りをして炎症用のクリームを塗ったあと1,2日開けてから脱毛する。

ただ、気になる黒点のようなポツポツ状態は、将来的には抜け落ちるので心配無用。

サロンの脱毛効果が遅い理由

毛が濃い薄いなど毛の特徴や施術間隔が空きすぎるなどの理由から、脱毛効果も半減することが否定できない理由もあります。

濃い毛の毛根部は毛乳頭細胞の数が多くしかも丈夫にできている可能性が高く一長一短では抜け落ちにくく、反対の薄い毛の場合は光に反応しずらい理由から効果が出にくいデメリットになる可能性も。

先に挙げた毛周期による理由も否定できない部分で、部位によっては効果が出にくい場所もあります。たとえばVラインなどの毛は毛周期が長く、しかも濃い部分なので結果が出にくい場所でもあります。

サロンよりも家庭用脱毛器がコスパに優れている理由

サロン脱毛で強い照射がない中でも家庭用脱毛はそれなりのマックス照射が可能なことや、自分で間隔を調整できることが効果的に作用するのでは?

しかも間をおかない照射も功を奏しかかる費用も買い切り脱毛器なので、コスパが非常に高いといわざるを得ないと思思える。

サロンでも断られるアトピーへの脱毛効果

サロンなどでの脱毛方法は、肌への危険性を考慮した最善策が重要なテーマ。アトピー性の肌への脱毛処理は、冒頭で受理されない場合がほとんど。

そんなとき頼りになるのが家庭用脱毛器。

家庭用脱毛器にはレベル設定があり、一番低いレベルから照射を心みる方法で肌に合った照射を見つけることができます。


ただ気を付けてほしいのが、自動レベル設定された家庭用脱毛器は不向きだということ。

自動レベル設定された脱毛器は、毛の濃さに合わせた照射を基本とした脱毛処理設定のため、肌への負担が大きい。

健康的な肌の持ち主であれば良いのですが、肌にトラブルを抱えている人は避けたほうがいい脱毛器といえます。

ケノンのIPL光はアトピーに効果的!

また、アトピー性皮膚炎に脱毛器を使ってもいいの?という疑問もありますが、アトピー性皮膚炎や円形脱毛症などの皮膚疾患に対してスーパーライザーといわれる近赤外線治療が効果的といわれていることをご存じですか?

近赤外線治療であるスーパーライザーという治療器を用いアトピー性皮膚炎などの治療をしている医院もあるのです。

ケノンの照射システムも光を応用したIPLを採用していますが、IPLとは近赤外線と可視光線を合わせた光を照射する機器に用いられています。

IPLの正式名称は「intense pulsed light(インテンス・パルス・ライト)」といい、アトピー性皮膚炎や円形脱毛症さらにはシワを改善したりハリを出すための美容のために使用されている医院もあるほどです。

ケノンを使った人たちの中にもアトピー性皮膚炎で悩んでいる人もいるようでしたが、ケノンを使っているうちに肌が調子よくなったといわれているようにケノンの光システムに応用されているIPLでの効果ではとも思えます。

まとめ

ケノンの特徴は、カートリッジが必要になるということ。

この特徴は他の脱毛器にはない特徴ですが、本体を変更することなく脱毛ができるようにと費用対効果が考えられた配慮がなされた方式をとったからではないでしょうか?

ただ、経費がかかる本体交換が無用としても、年々のバッジョンアップで本体も変化するので、型遅れの本体を使っていても、カートリッジだったり、本体機能の古さから思い通りの脱毛ができなくなる可能性も高くなってしまいます。

ようするに、結局は本体も購入する羽目になり、費用対効果がよくなると思えなくもない中で、さらにカートリッジ特有のシステムにより冷却機能が取り入れられない問題点がデメリットになっているとも言えます。

がしかし、レベル機能や毛の質や肌別で使用できるカートリッジシステムは、人によっては毛の体質的な問題などでの使い勝手が良いという声もあり、ケノンを使うメリットが多く存在するのも事実。

ましてやアトピー性皮膚炎やシワ改善作用、ハリなどにも作用することを思えば、肌に何かしらのトラブルを抱えている人にとって見れば、使わない手はない脱毛器になりそうです。