昨今、コロナ渦で家庭に引きこもおる機会が増えてきましたが、そんな折脱毛に気が向く機会も増えています。

家の中で脱毛と思い、脳裏をよぎるのが家庭用脱毛器の存在です。

しかし今では家庭用脱毛器の需要も増え、人気と並行して売られる脱毛器の数も増え、どの脱毛器が良いのかさえも分からない状態に。

このページでは、どの脱毛器を買えばいいのか分からない人に、今人気の「biito 2(ビートツー)脱毛器」を紹介していきたいと思います。



ビートツー脱毛器をレビュー!

ビートツー脱毛器は、脱毛器一筋に15年という年月をかけてきたサロン直営メーカー「ラグジュ(LUXU)」が取り扱う自信作のエステ級美肌脱毛器。

脱毛以外でも光照射による美肌ハリケア機能に利用でき、自宅にいながらエステ時間を得られる健康肌専用モードも利用できる脱毛器です。

皮膚科の医学博士と共同開発された美肌を考えられてつくられた脱毛器、そんなビートツーの口コミをご紹介します。

ビートツーの口コミ

下記に、分かりやすいように箇条書きで端的にご紹介します。↓

口コミ
・痛みがいやなので選びました。
・もう少し小さければいいかも。
・レベルを上げても無痛に近くなってきた。
・モードで使い分けると痛みを感じない。
・1か月で効果が出てきた。
・冷やさなくても大丈夫みたい。
・握りやすくて使いやすい。
・初期トラブルで交換してもらった。
・連続照射時はレベルを下げたほうが良い。
・色黒には使えなかった。
・小さな子供でも使用できた。
・今までのと比べると普通と感じた。
・エステと同じぐらい効果があった。
・美顔器としても使えるのが良い。
・使用後の痛みやかぶれもなく使用できる。

ビートツーの効果

ビートツーの口コミを参考にした脱毛効果を掲載してみました。↓

効果
・5週間使って結果が出た。
・産毛が生えなくなった。
・1か月4回で生えなくなった。
・伸びる速度が遅くなってきた。
・慣れると30分で終わるようになった。
・デラックスセットでハリツヤ効果。
・1回目で生えにくくなった。
・子供でも使用できる。



ビートツーは業務用と同等の機能とパワーを装備した脱毛器です。

さらに、他の脱毛器がIPL方式を取り入れているのと違い、ビートツーの脱毛方式はTHRという脱毛方式を採用

THRフラッシュ脱毛方式とは、サーモヒートリムーバーといわれる最新の次世代蓄熱式脱毛で、光を応用した連射時の光の力が弱まる脱毛器と違い光を分割して照射しない高出力連続照射できるため、安定した脱毛効果が得られる脱毛器です。

ビートツーのデメリット

ビートツーには他の脱毛器にもあるようにデメリットもありました。

下記に、デメリット部分を掲載しますので、購入の際の参考になさってください。↓

デメリット
・すこし大きい。
・レベルが高いとアイシングが必要な場合も。
・鼻周りが反応しずらい。
・連続照射すると熱くなる。
・色黒だと反応しない。
・ファンの音が気になる。

ビートツーのメリット

ビートツーは、デメリットも部分もありましたが、メリット部分もあり効果の部分と照らし合わせて確認してくだされば、ートツーがより理解できると思われます。

メリット
・無痛に近い脱毛ができる。
・アイシングがいらない。
・接触センサー付きで安全。
・肌色感知ストッパー付きで安心。
・モードで使い分けできる。
・自動パワーオフ機能で安全。

無痛に近い脱毛ができる

ビートツーの機能に肌レベル調整機能があり、無痛に近い照射ができる可能性がります。

また、肌センサーが装備されているため、レベル調整がいらないので面倒な調整も不要。

アイシング作業がいらない

ビートツーには照射時にアイシング効果を得られる冷却機能が付いています。

なので、ビートツーで照射前や照射後のアイシングが不要で、面倒と感じていた作業もいらず脱毛時間も短縮できます。

ビートツーでシミは取れるの?

ビートツーのデラックスセットには、美肌を得られるであろう可能性の高い3つの付属フィルターが付いています。

・脱毛フィルター(大・小)
・潤いハリツヤフィルター
・肌荒れ防止フィルター

脱毛フィルター(大・小)は通常時に使う全身用のフィルターですが、「潤いハリツヤフィルター」には美肌作用があるといわれています。

肌荒れ防止フィルターは、皮膚の弱い小さな子供や敏感な肌に使用できる便利な使い分けできるフィルターです。

ビートツーのデラックスセットとは?

ビートツーには、「スタンダードセット」と「デラックスセット」の2種類が用意されています。

スタンダードセットは値段も安く、付属されているフィルター類も「脱毛フィルター」といわれる通常時に使用できるフィルターのみが付属されています。

デラックスセットには、上記に紹介した「脱毛フィルター(大・小)・潤いハリツヤフィルター・肌荒れ防止フィルター」が付属され、肌の用途「コラーゲン効果・ニキビ・スモール脱毛」に合わせた使い分けができる便利なセットとなっています。



ビートツーの仕様

商品名 BiiTo II ビートツー(スタンダード
脱毛方式 THR方式
脱毛器形式 一体型
照射パワー 14ジュール
波長 640nm-1200nm
照射レベル 5段階
照射スピード 表示なし
照射回数 35万回
照射面積 3.72㎠
脱毛部位 全身
照射モード 手動モード(単発)・自動モード(連射)
・オートモード
・メイルモード
・フィメイルモード
・ジュニアモード
冷却機能 空冷(5℃)
電源供給 コード式
安全システム ・接触センサー
・肌色感知ストッパー
・自動オフ
カートリッジ ・脱毛フィルター(大)
・スモール脱毛ヘッド(小)
・潤いハリツヤフィルター(キャンペーンプレゼント)
最大出力時消費電力 85W
付属品 ・脱毛フィルター(大・小)、潤いハリツヤフィルター、肌荒れ防止フィルター、サングラス、ポーチ、ACコード、取扱説明書
サイズ 45mm×183mm×78mm
重量 450g
製造国 日本
保証 1年

ビートツーの使い方

ビートツーの使い方は下記に示した通りで、至って簡単です。

使い方
・脱毛するムダ毛処理を前日又は2日前に済ませておくのがベスト。
※(当日の場合は電動シェーバーを使うのが無難)
・使用したいフィルターを取り付ける。
・電源コードとアダプターを差し込み電源を3秒長押しする。
・M/Aボタンで照射モード、レベル/電源ボタンで照射レベルをそれぞれ選択。
・サングラスをかける。
・本機を垂直になるように肌に密着させ単射の場合は雷マークを押す。
※(連射の場合はM/Aボタンを長押しで雷マークを押す)

ビートツーの価格

ビートツーには、上記に説明したように「スタンダードセット・デラックスセット」の2つの機種が用意されています。

スタンダードセットは、通常の脱毛フィルターが付属で44,000円(税込)。ただし、いまならデラックスセットに付属されているハリツヤフィルターがプレゼントされるそうです。

デラックスセットは、3つの「脱毛・ハリツヤ。肌荒れ防止」フィルターが付き59,840円(税込)

通常の脱毛が出来て、さらにハリツヤフィルターで美肌を手に入れたい方は44,000円を選択するのがベストです。美肌も得たいという方は59,840円のデラックスセットがおすすめです。

ビートツーの購入場所

ビートツーの購入場所は、大手通販店の「楽天、Amazon、yahooショップ」などで購入することができます。

ビートツーの購入は、いつも買いなれた場所での購入方法が面倒にンあらないので良いですが、ただ安心してトラブルフリーで購入したいという方はオフィシャルサイトでの購入方法がおすすめだと感じます。

まとめ

昨今、中国など外国製の脱毛器が多いなか、ビートツーは日本国内でつくられた国産品で安心してムダ毛処理ができる脱毛器として人気があります。

BiiToII(ビートツー)脱毛器を扱っている企業「ラグジュ(LUXU)」は、15年もの長い年月を脱毛器ひとずじで取り扱う実績があり、美容にかかわる多くのブランドやメーカーとも連携しあう会社です。

長年携わってきた脱毛器に関しての豊富な知識から、冷却システムや美肌効果が得られる優れた脱毛器へのノウハウもあるなか取り扱われているビートツー脱毛器が人気あるのも事実です。