パナソニックの洗濯機でおすすめの穴なし槽は?

パナソニックの洗濯機でおすすめの穴なし槽を選ぼうとしても、パナソニックで穴なし槽の洗濯機は販売されていません。

というか、現時点でパナソニックは穴なし槽の洗濯機をつくっていないのです。すべて、穴あり洗濯機を開発製造しています。

パナソニックに限らず、いまはシャープを除くすべての電機メーカーは穴なし槽の洗濯機を生産していないという事実があります。




穴なし洗濯機の生産はSHARP(シャープ)だけ!

いま、穴なし洗濯機の開発製造販売している企業はSHARP(シャープ)だけです。

底のパルセーターの穴が反射して穴が開いているようにも見えていますが、実際の洗濯槽の横のステンレス壁に穴は開いていません。

昨今、穴なし洗濯機の需要は落ちてきていました。なので、需要がない洗濯機を生産していても赤字になるだけと考え、どの企業も穴なし洗濯機の開発から手を引き、穴あり洗濯機の生産に切り替えていたのが現状です。

つまり、今穴なし洗濯機を購入するのであれば、SHARP(シャープ)の穴なし洗濯機を買うしかないのです。

パナソニックは穴なし洗濯機を開発製造していないので、もしパナソニックの洗濯機を購入したいのあれば、穴あり洗濯機を購入するしかありません。

穴なし槽の洗濯機が作られない理由とは?

穴なし槽の洗濯機が作られないその理由は、穴なし槽の洗濯機は脱水能力が弱いという理由があるからです。

脱水力が弱いのが大きな理由の一つになっており、洗濯物の乾きが遅く評判がよくないため、市場でも売れないイコール生産されない、というのが本当の理由です。
パナソニックは、電機メーカーの中でも第一線をひた走っている電機メーカーで、生み出される各機種は一流の技術で数多くの製品を生産しています。

もし、穴なし槽の洗濯機の市場の評判がよければ生産し、機能面においてもシャープとしのぎを削り良い穴なし洗濯機ができるでしょうが、受けが悪く評判がよくないため、もしメーカーが作ったとしても赤字になってしまいます。

メーカーも生き残るために、日々市場のマーケティングを参考にし、売れる洗濯機を作っています。

そのため、売れない穴なし槽の洗濯機を手掛ける企業は、一社のみとなっている現実があるのです。
しかし、世の中穴なし洗濯槽を必要としている人たちも一定数いることから、赤字にならない公算の中でシャープが手掛けているのです。



穴なし槽も需要次第?

しかし、これからもし穴なし槽の需要がほとんどなくなるようなことがあれば、おそらくシャープも穴なし槽の洗濯機から手を引くことになるかも。その結果、市場から穴なし槽の洗濯機は消えてなくなるという事態が起こりうる可能性もなきにしもあらずです。

しかし、ここ最近の市場の需要の傾向は、思ってもいないような結果となっているようです。

それもそのはず、洗濯槽の「黒カビ発生」という問題から、巷ではこぞってシャープの穴なし洗濯機を購入している時事もあります。そう、今はシャープの需要が飛びぬけて熱くなっているんですね。

今後の黒カビという穴あり洗濯機の重大問題をどう解決するのか、他の企業にはもっと頑張ってほしいものですよね。そうすれば、黒カビ対策開発にも今まで以上の追い風となり、今後一段と良い製品ができるのではないでしょうか?

これらの結果、穴なし槽はシャープのみの販売となっていますが、「洗濯槽の汚れが我慢できない、穴なし槽の洗濯機が欲しいんだけど!」という方は、下記のリンクからシャープが作っている機種の中で、あなたに合った最適な穴なし槽洗濯機を選んでみてくださいね。

下記は8㎏の洗濯機ですが、ログインすれば上は11㎏から下は4㎏までご覧になれます。↓

SHARP シャープ 洗濯乾燥機(8.0kg) ホワイト系 洗濯機 縦型 プラズマクラスター 節水 穴なし槽 抗菌加工 チャイルドロック ES-TX8D ESTX8D おすすめ