モバイルバッテリーにはさまざまな種類があります。

わたしはiPhoneを使用していますが、スマホなどを使っている人はバッテリーの消耗が早いのに驚くと思います。

家の中にいるのであればバッテリー消耗問題は心配いりませんが、外出先でバッテリーがなくなると死活問題ですよね。

でも車などで移動しているのであれば車中充電できるためいくら使おうがまったく心配しなくて済みますが、電車や歩きで移動していてバッテリーがなくなるとお手上げ状態です。





ましてや2年過ぎるとバッテリーの寿命が極端に短くなり、少しでも長く使おうものならあっという間になくなります。

わたしも、これはヤバいと思いモバイルバッテリーを購入することにしました。

わたしが最初に選んだモバイルバッテリーは「INIU(イニウ)モバイルバッテリー20000mAh」。

INIU(イニウ)20000mAhモバイルバッテリーをレビュー

INIU モバイルバッテリー 20000mAh (大容量 急速充電 軽量)【20W PD3.0 QC4.0 5A LED残量表示 PSE認証済 低電流モード搭載】USB C 携帯充電器 小型 アウトドア/防災/緊急用などの必携品 モバイル・バッテリー iPad AirPods iPhone 13 SE2 XS 12 Xiaomi LG Google Sam…

INIU(イニウ)モバイルバッテリーのなかでも取り分け充電量が多い20000mAhを選びました。

わたしの場合車で移動しているのでバッテリーの心配はなさそうに思われそうですが、仕事がらエンジンを長く切った状態で過ごすときが多いのでバッテリーは必要不可欠です。

ですから20000mAhという重さ的には352gと重量感がありますが、充電回数を多く可能でしかも長く持つであろうバッテリーを選んだわけです。



INIU 20000mAh モバイルバッテリーのメリット

INIU 20000mAh モバイルバッテリーのメリットは、もちろん大容量のバッテリーですから、それだけ多く充電できます。

iPhone12ならば軽く4回はフル充電可能です。しかも充電時間が早い!さらにバッテリーを補充するときの速さも申し分なし。

バッテリー残量も一目瞭然の大きなデジタル表示で見やすいし確認できる。

本体にLEDランプが付いているので暗闇での使用もでき、さらに、USB接続で本体についているLEDで照らせない部分にしっかりと使用できる付属のUSB接続LEDランプ付き。

クッション加工のメッシュ性ポーチも付属され、本体の質感も手触りの良いマット加工で、見た目や手からの脱落防止に好感度持てます。

重量や大きさもギリ持ち運び可能で、頻繁に充電する人には最適かと思えるモバイルバッテリー。

ただし、INIU 20000mAhにもデメリットがあります。

INIU 20000mAh モバイルバッテリーのデメリット

INIU 20000mAhの重さはわたし的には「ギリ携帯できる重さ」と言いましたが、感じる重さは人それぞれと思えるので、352gの重さが携帯する場合に重いと感じる人もいると思えるため、INIU 20000mAhの重さがデメリットになる可能性もある。

初期症状がある人がいたり使用中のトラブルが出ている人もいるようで、途中で交換を余儀なくされる事態があるようです。

この問題はどの商品にも起きているトラブルなのでINIU 20000mAhだけだとは言えない面もあります。


INIU 20000mAhを実際に使ってみた口コミ

INIU 20000mAhを実際に使ってみた口コミ感想を箇条書きにて簡単に書き出してみました。

・普段持ちにはなかなかの重さ。
・12miniが4回以上フル充電できる。
・大きさは12miniと同等。
・output充電速度は速いほう。
・input充電も早い。
・2年経っても現役使用中。


INIU 20000mAh モバイルバッテリーを使って一番感じていることは、なんといっても「重さ」です。

衣服のポケットにしまい込むのは、ほとんど至難の業になる可能性があります。なので、わたしはセカンドバックを用意して使っています。

無理すれば持って移動することもできますが、お重さへの感じ方は人によりけりだとは思いますが、わたしの場合352gをポケット使用することは無理でした。



トートバッグやショルダーバッグやセカンドバックを使い分けて使用していますが、INIU 20000mAhの他に10000mAhも使っていて仕事がら重宝しています。

また、付属のLEDランプや本体のLEDランプを利用することでスマホなどバッテリーの節約にもつながります。

INIU モバイルバッテリー 20000mAh (大容量 急速充電 軽量)【20W PD3.0 QC4.0 5A LED残量表示 PSE認証済 低電流モード搭載】USB C 携帯充電器 小型 アウトドア/防災/緊急用などの必携品 モバイル・バッテリー iPad AirPods iPhone 13 SE2 XS 12 Xiaomi LG Google Sam…

しかし理由は定かではないですが、近頃INIUのモバイルバッテリーの姿が見えなくなりました。一時期INIU製品が多く出回っていましたが、INIUの他の製品も姿を消したように思われます!

代わりに台頭してきたブランドが「Anker(アンカー)」です。

Ankerとは

Anker(アンカー)とは、INIU同様中国の深圳市(しんせんし)に本拠点を置く企業です。

深圳市は中国の電子産業の中核を担っている場所としても有名です。Ankerは深圳市の他に湖南省(こなんしょう)という都市にも本社を構えています。


いま日本やアメリカ、ヨーロッパに進出している中国電子機器の開発生産の多くは、この場所で競い合っている多くの企業たちということです。

そのような中の一つの企業であるAnkerが近年多くの商品を開発し売り込み商戦を行っているようですが、Amazonや楽天でも人気のモバイルバッテリーを開発販売しています。


Anker 人気のモバイルバッテリー

Ankerはスマホなど周辺機器を取り扱う電子機器ブランド。

主にスマホの急速充電器モバイルバッテリーやBluetooth接続機器を取り扱っている企業ですが、ここでは人気のモバイルバッテリーを紹介します。

Anker PowerCore Magnetic 5000

Anker PowerCore Magnetic 5000は、煩わしいケーブル仕様の充電方式ではなくマグネット式のワイヤレス充電機能がある5000mAhを搭載したモバイルバッテリー。



iPhone 12 miniを使っている人ならば2,227mAhなので、2回以上は充電可能となる容量です。

マグネット式のワイヤレス充電に対応して便利ですが、出力が5Wしかなく高速充電はできないので、残量を把握して余裕をもった充電を心がけましょう。

ただし、異物検知や温度管理や過充電保護機能付きなので、安心感ある充電管理ができるのが強みです。

画像のようにiPhoneと比べてみてもその小ささに驚くと思いますが、「重さ180g・縦9,3㎝・横6,2㎝・厚さ1,6㎝」で、携帯用として持ち運びも簡単で邪魔になりにくく、また5000mAhという容量で近場移動時では十分な充電機能が確保できる頼もしいモバイルバッテリーになるでしょう。

Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000は、10000mAhの大容量バッテリーを搭載したモバイルバッテリー。

上記に紹介したAnker PowerCore Magnetic 5000と同型を有したつくりで10000にしては比較的重さも感じられず、しかも小型化されたフォルムは携帯するのに邪魔になりにくいという特徴もあります。

ただ充電する際の注意事項として、本器が出力5V=2.4Aとあります。手持ちのiPhoneなどで使用しているアダプターは5V=1Aの場合があるためマックスまで充電できない可能性が出てきます。

Anker PowerCore 10000には、定められた5V=2.4Aのアダプターを使用すれば100%まで充電可能です。尚、入力時は5V=2Aで可能です。

Anker PowerCore Essential 20000

Anker PowerCore Essential 20000は、20000mAh相当が充電できるモバイルバッテリーとして人気があります。

10000よりは重さも大きさも一回り大きくなりますが、ほぼiPhoneなどスマホの大きさで使い勝手もいいと感じます。

おもにプライベートバッグでの持ち運びや車内使用になる可能性も高くなるので、これ以上の30000などの使用も視野に入れることもできそうです。

まとめ

現代人にとってスマホなどの利用からモバイルバッテリーはもはや必需品です。

モバイルバッテリーがなくては今のスマホなど使用頻度も多く、本体だけのバッテリーだけでは補えなくなっています。

そのようなモバイルバッテリーにも多くのメーカーや機種が販売されており、発火性をともなった危険なモバイルバッテリーは少なくなってきた事情もあり、比較的安心した使用できるようになってきています。

それだけモバイルバッテリーへの技術も向上してきたといえそうですが、やはり、一部には日本製が信用できるという理由から日本製のモバイルバッテリーの人気も高まっているようです。

ですが、日本製であるMaxellやエレコムやバッファローなどもmade in Chinaの表記です。

つくられている場所は中国ですが、日本企業監視下での製造ですからバッテリー持ちなど質感の違いもあるように感じます。が、最近のChina技術も向上している感があるので、どれがいいとは一概には言えません。

どのメーカーや機種にもいえることですが、初期不良や保証期間内の充電不可症状などトラブルはつきものです。保証は有効活用したいものです。