リチャージWiFiのデメリットを徹底解説!契約前に知っておくべき10個のポイント

リチャージWiFiのデメリット
おすすめ・掘りだしもの
※当サイトはプロモーションを利用しています。

契約前に知っておきたいリチャージWiFiのデメリット10個

リチャージWiFiは、月額料金が不要で手軽に使えるモバイルルーターとして人気を集めています。しかし、購入前に知っておくべきデメリットも存在します。

このページでは、リチャージWiFiのデメリットを徹底解説し、契約前に知っておくべき10個のポイントを紹介します。

この文章は、こんな方におすすめです。

・リチャージWiFiの購入を検討している方
・リチャージWiFiのデメリットを詳しく知りたい方
・自分に合ったモバイルルーターを選びたい方
  1. 購入費用が高額
    1. 購入費用の内訳
    2. 高額な購入費用のデメリット
    3. 購入費用の負担を軽減する方法
  2. 追加チャージの費用が高い
    1. 追加チャージ費用の内訳
    2. 高額な追加チャージ費用のデメリット
    3. 追加チャージ費用の負担を軽減する方法
    4. リチャージWiFiの追加チャージ費用が高額な場合におすすめのモバイルルーター
  3. 通信速度が安定しない
    1. 通信速度が安定しない原因
    2. 通信速度が安定しないことのデメリット
    3. 通信速度を安定させる方法
  4. 5G通信に対応していない
    1. 5G通信に対応していないことのデメリット
    2. 5G通信に対応したモバイルルーター
  5. カスタマーサポートが充実していない
    1. カスタマーサポートが充実していないことのデメリット
    2. 充実したカスタマーサポートを提供しているモバイルルーター
  6. 海外での利用に制限がある
    1. リチャージWiFiの海外利用制限の内容
    2. 海外利用制限のデメリット
    3. 海外利用制限を回避する方法
  7. レンタルサービスではない
    1. リチャージWiFiの特徴
    2. レンタルサービスとの比較
    3. リチャージWiFiがおすすめの方
    4. レンタルサービスがおすすめの方
  8. 紛失・盗難時の補償がない
  9. 端末の保証期間が短い
    1. 保証期間が短いことのデメリット
    2. 保証期間を延長する方法
    3. 延長保証の内容
    4. 延長保証を付けるべきかどうか
    5. 他のモバイルルーターとの比較
    6. リチャージWiFiの保証期間が短い理由
    7. リチャージWiFiを購入する際の注意点
  10. 解約手続きが煩雑
    1. 解約手続きが煩雑であることのデメリット
    2. 解約手続きの流れ
    3. 解約手続きをスムーズに進めるためのポイント
    4. 他のモバイルルーターとの比較
    5. リチャージWiFiを解約する際の注意点
  11. まとめ

購入費用が高額

リチャージWiFiは、一般的なレンタル型モバイルルーターと比べて、購入費用が高額です。

購入費用の内訳

リチャージWiFiの購入費用は、以下の内訳で構成されています。

端末代金: ルーター本体の費用
初期費用: SIMカード発行手数料など
データチャージ: 最初から利用できるデータ容量

2024年2月現在、リチャージWiFiの購入費用は、データ容量によって異なりますが、3万円~5万円程度です。

高額な購入費用のデメリット

初期投資が大きい: 購入費用を一度に支払う必要があるため、初期投資が大きくなります。

他のモバイルルーターと比較して割高感があり、月額料金が不要とはいえ、購入費用が他のモバイルルーターよりも高額です。

短期間の使用には不向きかもしれません。短期間の使用であれば、レンタル型モバイルルーターの方が費用を抑えられます。

購入費用の負担を軽減する方法

セールやキャンペーンを利用する方法も。リチャージWiFiでは、定期的にセールやキャンペーンを実施しています。セール期間であれば、通常よりも安く購入することができます。

分割払いを利用する方法も活用できます。販売店によっては、分割払いを利用できる場合があります。分割払いを利用すれば、初期投資を抑えることができます。

中古品を購入するという考えも。メルカリやヤフオク!などのフリマアプリやオークションサイトでは、中古のリチャージWiFiが販売されています。中古品であれば、新品よりも安く購入することができます。

追加チャージの費用が高い

リチャージWiFiは、月額料金不要で利用できるモバイルルーターですが、データ容量を使い切ると追加チャージが必要になります。

この追加チャージの費用が高いことが、リチャージWiFiのデメリットの一つです。

追加チャージ費用の内訳

追加チャージ費用は、以下の内訳で構成されています。

データ容量: 追加するデータ容量
チャージ方法: クレジットカード払い、コンビニ払いなど

2024年2月現在、リチャージWiFiの追加チャージ費用は、データ容量によって異なりますが、1GBあたり約10円~20円程度です。

高額な追加チャージ費用のデメリット

データ容量を使いすぎると高額になることも。月間データ容量を頻繁に超えると、追加チャージ費用が高額になる可能性があります。

他のモバイルルーターと比較して割高感が否めません。月額料金制のモバイルルーターと比較すると、データ容量あたりの料金が高くなります。

データ容量の管理が重要で、データ容量を使いすぎないように、常にデータ使用量を意識する必要があります。

追加チャージ費用の負担を軽減する方法

データ容量のプランを慎重に選ぶことが重要。リチャージWiFiは、複数のデータ容量プランを用意しています。自分のデータ使用量に合ったプランを選ぶことで、追加チャージ費用を抑えることができます。

データ節約モードを利用すると、よりお得になる可能性があります。リチャージWiFiは、データ節約モードを搭載しています。データ節約モードを利用することで、データ使用量を抑えることができます。

外出先ではWi-Fiを利用するのが有利に。外出先では、無料Wi-Fiスポットを利用することで、データ使用量を抑えることができます。

リチャージWiFiの追加チャージ費用が高額な場合におすすめのモバイルルーター

月額料金制のモバイルルーターは月額料金は発生しますが、データ容量制限がなく、安心して利用できます。

UQ WiMAXの月額料金は3,850円(税込)からで、データ容量は7GBまで無料で利用できます。データ容量を超えても、最大1Mbpsで通信可能です。

リチャージWiFiの追加チャージ費用は高額ですが、データ容量のプランを慎重に選ぶ、データ節約モードを利用する、外出先ではWi-Fiを利用するなどの方法で、負担を軽減することができます。

購入前に、リチャージWiFiのメリットだけでなくデメリットも理解し、自分に合ったモバイルルーターを選ぶようにしましょう。

通信速度が安定しない

リチャージWiFiは、クラウドSIMを利用したモバイルルーターです。クラウドSIMは、複数の通信事業者の電波をまとめて利用するため、場所や時間帯によって通信速度が安定しない場合があります。

通信速度が安定しない原因

リチャージWiFiの通信速度が安定しない原因は、以下の通りです。

クラウドSIMの特性が原因になっている場合も。クラウドSIMは、複数の通信事業者の電波をまとめて利用するため、電波状況によって通信速度が変化します。

利用者の集中が原因の可能性があるかも。同じエリア内に利用者が多く集中すると、通信速度が遅くなる場合があります。

時間帯も左右される可能性が高い。夕方や夜など、インターネット利用者が集中する時間帯は、通信速度が遅くなる場合があります。

通信速度が安定しないことのデメリット

動画やオンラインゲームが快適に利用できないという問題も発生。通信速度が遅いと、動画がカクカクしたり、オンラインゲームでラグが発生したりする可能性があります。

Webサイトの閲覧速度が遅いと、ストレスを感じることがあります。

通信速度が安定しないと、仕事や勉強に支障が出る可能性があります。

通信速度を安定させる方法

リチャージWiFiの通信速度を安定させる方法は、以下の通りです。

電波状況の良い場所を選ぶことも重要な要素に。電波状況の良い場所で利用することで、通信速度を向上させることができます。

利用者が多い時間帯を避けるのもあり。夕方や夜など、インターネット利用者が集中する時間帯は、利用を避けることで通信速度を向上させることができます。

5GHz帯のWi-Fiを利用することで、スムーズに使うことも。5GHz帯のWi-Fiは、2.4GHz帯よりも通信速度が速いため、5GHz帯のWi-Fiを利用することで通信速度を向上させることができます。

リチャージWiFiは、通信速度が安定しない場合があります。通信速度を安定させるためには、電波状況の良い場所を選ぶ、利用者が多い時間帯を避ける、5GHz帯のWi-Fiを利用するなどの方法があります。

購入前に、リチャージWiFiのメリットだけでなくデメリットも理解し、自分に合ったモバイルルーターを選ぶようにしましょう。


5G通信に対応していない

リチャージWiFiは、4G LTEのみ対応しており、5G通信には対応していないことがデメリットの一つです。

5G通信に対応していないことのデメリット

5G通信は、4G LTEよりも最大100倍速い通信速度を実現できます。5G通信に対応していないリチャージWiFiは、5G通信対応のモバイルルーターと比較して通信速度が遅くなります。

大容量データの通信に時間がかかる理由は、動画の視聴やオンラインゲームなど、大容量データの通信には時間がかかるからです。5G通信に対応していないリチャージWiFiは、5G通信対応のモバイルルーターと比較して大容量データの通信時間が長くなります。

今後、5G通信はさらに普及し、主流になる可能性が高いです。5G通信に対応していないリチャージWiFiは、将来的に使い道がなくなる可能性があります。

5G通信に対応したモバイルルーター

5G通信に対応したモバイルルーターは、多くの通信事業者から販売されています。5G通信に対応したモバイルルーターを選ぶ場合は、以下のポイントに注意しましょう。

5G通信のエリア内でも、通信速度は場所や時間帯によって異なります。通信速度が速いモバイルルーターを選ぶようにしましょう。

5G通信対応のモバイルルーターは、4G LTE対応のモバイルルーターよりも料金が高くなります。料金プランを比較して、自分に合ったプランを選びましょう。

5G通信は、4G LTEよりも多くのデータ容量を消費します。自分のデータ使用量に合ったデータ容量のプランを選びましょう。

リチャージWiFiは、5G通信に対応していないため、通信速度が遅く、大容量データの通信に時間がかかります。今後、5G通信が主流になる可能性が高いため、5G通信に対応したモバイルルーターの購入を検討することをおすすめします。

カスタマーサポートが充実していない

リチャージWiFiは、カスタマーサポートが充実していないことがデメリットの一つです。

カスタマーサポートが充実していないことのデメリット

リチャージWiFiは、電話サポートやメールサポートのみを提供しており、チャットサポートや対面サポートはありません。そのため、トラブル発生時に解決に時間がかかる可能性があります。

: リチャージWiFiのカスタマーサポートは、平日10時~18時のみの営業です。営業時間外にトラブルが発生した場合は、翌営業日以降まで解決を待つ必要があり、営業時間外はサポートを受けられない場合もあります。

リチャージWiFiのカスタマーサポートは、専門知識を持ったスタッフが少ないという口コミがあります。そのため、問題解決に時間がかかる場合や、的確な回答を得られない可能性があります。

充実したカスタマーサポートを提供しているモバイルルーター

充実したカスタマーサポートを提供しているモバイルルーターは、多くの通信事業者から販売されています。充実したカスタマーサポートを選ぶ場合は、以下のポイントに注意しましょう。

24時間365日対応しているカスタマーサポートを選ぶと、いつでもトラブル解決を依頼することができます。

電話、メール、チャット、対面など、複数のサポート方法を提供しているカスタマーサポートを選ぶと、自分に合った方法で問い合わせることができます。

スタッフの知識: 専門知識を持ったスタッフが多数在籍しているカスタマーサポートを選ぶと、問題解決が迅速かつ的確に行われます。

リチャージWiFiは、カスタマーサポートが充実していないため、トラブル発生時に解決に時間がかかる可能性があります。充実したカスタマーサポートを求める場合は、他のモバイルルーターの検討をおすすめします。

海外での利用に制限がある

リチャージWiFiの海外利用制限
リチャージWiFiは、海外旅行や出張など海外でも利用できるモバイルルーターです。しかし、利用できる国や地域、データ容量、通信速度など、リチャージWiFiの海外利用制限があります。

リチャージWiFiの海外利用制限の内容

リチャージWiFiの海外利用制限は以下の通りです。

利用可能な国・地域
リチャージWiFiは、世界140ヶ国以上で利用可能です。ただし、一部の国や地域では利用できない場合があります。利用可能かどうかは、リチャージWiFiの公式サイトで確認できます。

データ容量
リチャージWiFiの海外利用プランは、データ容量が制限されています。データ容量を使い切ると、追加チャージが必要になります。

通信速度
リチャージWiFiの海外利用プランは、通信速度が制限されています。動画視聴やオンラインゲームなど、大容量データの通信には向いていません。

その他
テザリングは利用できません。一部の機能は利用できない場合があります。

海外利用制限のデメリット

リチャージWiFiの海外利用制限のデメリットは以下の通りです。

利用できる国・地域が限られている可能性も。一部の国や地域では利用できないため、旅行先によっては利用できない可能性があります。

データ容量が制限されている可能性がある場合、データ容量を使い切ると、追加チャージが必要になり、費用がかさむ可能性があります。

通信速度が制限されている:と、動画視聴やオンラインゲームなど、大容量データの通信には向いていません。

海外利用制限を回避する方法

リチャージWiFiの海外利用制限を回避するには、以下の方法があります。

海外利用プランではなく、レンタルサービスを利用すると、海外利用プランよりもデータ容量が多く、通信速度も速いレンタルサービスを利用することができます。

現地SIMを購入すれば、より多くのデータ容量を安価で利用することができます。

Wi-Fiスポットを利用するなど、公共Wi-FiスポットやホテルのWi-Fiを利用することで、データ容量を節約することができます。

リチャージWiFiは、海外でも利用できるモバイルルーターですが、利用可能な国・地域、データ容量、通信速度などに制限があります。

海外旅行や出張などで頻繁に海外を利用する場合は、リチャージWiFiよりも、レンタルサービスや現地SIM、Wi-Fiスポットの利用を検討することをおすすめします。

レンタルサービスではない

リチャージWiFiは、購入型のモバイルルーターです。レンタルサービスとは異なり、利用期間の縛りや月額料金はありません。

リチャージWiFiの特徴

リチャージWiFiの特徴は以下の通りです。

購入して自分のものになるため、利用期間の縛りや月額料金がありません。

データチャージ制では、データ容量を使い切ったら、追加チャージでデータ容量を購入することができます。

海外利用可能で、世界140ヶ国以上で利用可能です。

テザリングを利用して、他の機器をインターネット接続することができます。

レンタルサービスとの比較

リチャージWiFiとレンタルサービスの比較は以下の通りです。

項目 リチャージWiFi レンタルサービス
購入方法 購入 レンタル
利用期間 縛りなし 契約期間あり
月額料金 なし あり
データ容量 チャージ制 プラン制
海外利用 可能 可能
テザリング 可能 可能

リチャージWiFiがおすすめの方

リチャージWiFiは、以下の様な方におすすめです。

短期間の利用であれば、レンタルサービスよりも費用を抑えることができます。

海外旅行や出張などで頻繁に海外を利用する方におすすめです。

データ容量を節約したい方は、データチャージ制なので、データ容量を節約したい方におすすめです。

レンタルサービスがおすすめの方

レンタルサービスは、以下の様な方におすすめです。

長期利用であれば、月額料金が安くなるレンタルサービスの方が費用を抑えることができます。

最新機種を利用したいかたも、レンタルサービスであれば、最新機種を常に利用することができます。

レンタルサービスは、リチャージWiFiよりもサポートが充実していることが多いです。

リチャージWiFiは、購入型のモバイルルーターです。レンタルサービスとは異なり、利用期間の縛りや月額料金はありません。自分の利用スタイルに合ったサービスを選ぶようにしましょう。

紛失・盗難時の補償がない

リチャージWiFiの紛失・盗難時の補償
リチャージWiFiには、標準で紛失・盗難時の補償は付いていません。紛失・盗難した場合、ルーター本体の代金を弁償する必要があります。

紛失・盗難時の補償がないことのデメリット
高額な弁償費用が発生する: リチャージWiFiの端末代金は、約3万円です。紛失・盗難した場合、この代金を弁償する必要があります。
経済的な負担が大きい: 3万円という高額な弁償費用は、経済的な負担となります。
精神的な負担も大きい: 紛失・盗難は、精神的な負担も大きくなります。
紛失・盗難時の補償を付ける方法
リチャージWiFiには、オプションで紛失・盗難時の補償を付けることができます。補償料は月額550円です。補償を付けていれば、紛失・盗難した場合でも、弁償費用を免除または一部負担することができます。

紛失・盗難時の補償内容
リチャージWiFiの紛失・盗難時の補償内容は、以下の通りです。

補償金額: 3万円
免責金額: なし
補償期間: 契約期間中
紛失・盗難時の補償を付けるべきかどうか
リチャージWiFiの紛失・盗難時の補償を付けるべきかどうかは、以下の点を考慮して判断する必要があります。

紛失・盗難のリスク: 紛失・盗難のリスクが高い場合は、補償を付けておくことをおすすめします。
経済的な負担: 3万円という高額な弁償費用を負担できるかどうかを考慮する必要があります。
補償料: 月額550円の補償料を払う価値があるかどうかを考慮する必要があります。
紛失・盗難を防止する方法
リチャージWiFiを紛失・盗難しないためには、以下の対策が必要です。

持ち歩くときは常に注意する: リチャージWiFiを持ち歩くときは、常に注意しましょう。
置き忘れない: リチャージWiFiを置き忘れないように注意しましょう。
パスワードを設定する: リチャージWiFiにパスワードを設定しましょう。
紛失・盗難した場合は速やかに連絡する: 紛失・盗難した場合は、速やかにリチャージWiFiのサポートに連絡しましょう。
まとめ
リチャージWiFiには、標準で紛失・盗難時の補償は付いていません。紛失・盗難のリスクが気になる場合は、オプションで補償を付けることをおすすめします。また、紛失・盗難を防止するためにも、上記の対策が必要です。


端末の保証期間が短い

リチャージWiFiの端末保証期間は、購入日から6ヶ月間です。

他のモバイルルーターと比較すると、保証期間が短いといえそうです。

保証期間が短いことのデメリット

故障した場合、修理費用が高額になる場合も。保証期間を過ぎると、修理費用が高額になり、修理費用は、経済的な負担となる場合があります。

保証期間が短いので、安心して利用できないという気持ちになる人もいるでしょう。

保証期間を延長する方法

リチャージWiFiの保証期間を延長するには、オプションで延長保証を付けることができます。

延長保証は、1年または2年のプランがあります。延長保証を付ければ、保証期間中に故障した場合でも、無料で修理を受けることができます。

延長保証の内容

リチャージWiFiの延長保証の内容は以下の通りです。

タイトル

期間: 1年または2年
保証内容: 故障時の修理費用無料
費用: 1年プラン 1,650円、2年プラン 3,300円

延長保証を付けるべきかどうか

リチャージWiFiの延長保証を付けるべきかどうかは、以下の点を考慮して判断する必要があります。

故障のリスクが高そうと思う場合は、延長保証を付けておくことをおすすめします。

経済的な負担がかかりそうと思うのであれば、修理費用を負担できるかどうかを考慮する必要があります。

延長保証料を払う価値があるかどうかを考慮する必要があります。

リチャージWiFiの端末保証期間は、購入日から6ヶ月間です。保証期間が気になる場合は、オプションで延長保証を付けることをおすすめします。

他のモバイルルーターとの比較

主要なモバイルルーターの保証期間は以下の通りです。

・UQ WiMAX: 12ヶ月
・Y!mobile: 12ヶ月
・docomo: 12ヶ月
・SoftBank: 12ヶ月

このように、リチャージWiFiの6ヶ月という保証期間は、他のモバイルルーターと比較すると短いです。

リチャージWiFiの保証期間が短い理由

リチャージWiFiの保証期間が短い理由は、以下の点が考えられます。

低価格で提供する理由があるため、リチャージWiFiは、他のモバイルルーターよりも低価格で提供されています。その分、保証期間を短くすることでコストを抑えていると考えられます。

リチャージWiFiの故障率が低いというデータがあります。そのため、保証期間を短くしても問題ないと判断していると考えられます。

リチャージWiFiを購入する際の注意点

リチャージWiFiを購入する際には、保証期間が短いことを念頭に置いてください。保証期間が気になる場合は、延長保証を付けることをおすすめします。

また、リチャージWiFiは、他のモバイルルーターと比較して、以下の点にも注意が必要です。

海外利用制限の問題も。リチャージWiFiは、海外利用できる国・地域が制限されています。

リチャージWiFiのカスタマーサポートは、他のモバイルルーターと比較して充実していないという口コミがあります。

これらの点を考慮して、リチャージWiFiが自分に合っているかどうかを判断してください。

解約手続きが煩雑

リチャージWiFiの解約手続きは、他のモバイルルーターと比較すると煩雑はんざつと言われています。

解約手続きが煩雑であることのデメリット

・解約手続きに時間がかかるため、すぐに解約できない可能性があります。
解約手続きが複雑で、分かりにくいという口コミがあります。
・手続きが複雑なため、ミスが発生する可能性があります。

解約手続きの流れ

リチャージWiFiの解約手続きは以下の通りです。

1、マイページにログインする
2、「解約手続き」を選択する
3、解約理由を選択する
4、本人確認を行う
5、解約完了メールを受け取る

(注意)
解約手続きは、月末締め翌月末日までの手続きが必要です。

解約手続きをスムーズに進めるためのポイント

事前に解約方法を確認しておくことが重要。リチャージWiFiの公式サイトで、解約方法を確認しておきましょう。

必要書類を準備しておきましょう。解約手続きには、本人確認書類が必要となります。

解約手続きは、月末締め翌月末日までの手続きが必要です。早めに手続きを行うようにしましょう。

他のモバイルルーターとの比較

主要なモバイルルーターの解約手続きは以下の通りです。

解約手続

・UQ WiMAX: オンラインで簡単に解約できる。
・Y!mobile: オンラインまたは店頭で解約できる。
・docomo: オンラインまたは店頭で解約できる。
・SoftBank: オンラインまたは店頭で解約できる。

このように、リチャージWiFiの解約手続きは、他のモバイルルーターと比較すると煩雑です。

リチャージWiFiを解約する際の注意点

リチャージWiFiを解約する際には、以下の点に注意が必要です。

解約手数料は3,300円かかります。
契約期間の縛りがあるため、契約期間内に解約すると、契約解除料がかかります。
データチャージ残量がある場合は、解約時に返金されます。

これらの点を考慮して、リチャージWiFiを解約するかどうかを判断してください。

リチャージWiFiの解約手続きは、他のモバイルルーターと比較すると煩雑です。解約手続きをスムーズに進めるためには、事前に解約方法を確認しておくことをおすすめします。

まとめ

リチャージWiFiは、購入型のモバイルルーターです。レンタルサービスとは異なり、利用期間の縛りや月額料金はありません。

しかし、以下のデメリットがあったので、再度確かめてください。

1. 端末購入費用が高い
リチャージWiFiは、端末を購入する必要があります。端末代金は約3万円です。レンタルサービスと比較すると、初期費用が高くなります。

2. データ容量が制限されている
リチャージWiFiは、データ容量が制限されています。データ容量を使い切ると、追加チャージを購入する必要があります。

3. 通信速度が安定しない
リチャージWiFiは、クラウドSIMを使用しています。そのため、場所や時間帯によっては通信速度が安定しない場合があります。

4. 紛失・盗難時の補償がない
リチャージWiFiには、標準で紛失・盗難時の補償が付いていません。紛失・盗難した場合、ルーター本体の代金を弁償する必要があります。

5. 保証期間が短い
リチャージWiFiの端末保証期間は、購入日から6ヶ月間です。他のモバイルルーターと比較すると、保証期間が短いです。

6. 解約手続きが煩雑
リチャージWiFiの解約手続きは、他のモバイルルーターと比較すると煩雑です。

7. 海外利用制限
リチャージWiFiは、海外利用できる国・地域が制限されています。

8. カスタマーサポート
リチャージWiFiのカスタマーサポートは、他のモバイルルーターと比較して充実していないという口コミがあります。

リチャージWiFiがおすすめの方・・短期間の利用
・海外利用
・データ容量を節約したい

リチャージWiFiがおすすめできない方
・長期利用
・最新機種を利用したい
・サポート充実

リチャージWiFiは、上記のデメリットを理解した上で、自分に合っているかどうかを判断して購入することをおすすめします。




タイトルとURLをコピーしました