switchbot カーテン 第3世代!2世代との違いや作動状況を調べてみた

switchbot カーテン 第3世代!2世代との違いや作動状況
生活家電
※当サイトはプロモーションを利用しています。

スマートホーム化が進む現代、カーテンの自動開閉は、生活をより便利に快適にしてくれる機能の一つです。その中でも、手軽に設置できる「SwitchBotカーテン」は、多くのユーザーから支持されています。

2023年11月、待望の第3世代「SwitchBotカーテン3」が発売されました。従来のモデルと比べてどのような進化を遂げたのか、実際に購入して動作状況を検証してみました。

この記事では、2世代との違いや作動状況、設置方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。

switchbot カーテン 第3世代とは

SwitchBotカーテン3は、スマホやスマートスピーカーで操作できるスマートカーテンです。レールに後付けするだけで、簡単に設置できます。

ではまず、switchbot カーテン 第3世代の仕様について掲載してみました。

第3世代の仕様

対応レール:Uレール、Iレール、ボックスレール
最大開閉力:2.5kg
動作音:約30dB
電源:USB Type-C
バッテリー容量:3350mAh
通信方式:Bluetooth 5.0

switchbot カーテン 第3世代と2世代の違い

2世代との違いを比較

2世代との違いを比較してみました。

2世代との比較

製品名:SwitchBotカーテン3 SwitchBotカーテン2
対応レール:Uレール、Iレール、ボックスレール Uレール、Iレール
最大開閉力:2.5kg 1.8kg
動作音:約30dB 約40dB
電源:USB Type-C Micro USB
バッテリー容量:3350mAh 2200mAh
通信方式:Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2

switchbot カーテン 第3世代の進化した部分

2世代と比べて、以下のような5点が進化していると分かりました。

進化している部分5つ

対応レールが増えた:ボックスレールにも対応
開閉力がアップ:より重いカーテンにも対応
静音性:動作音が静かになった
バッテリー容量:約1.5倍長持ち
通信方式:より高速なBluetooth 5.0

switchbot カーテン 第3世代の機能
switchbot3の主な機能は、以下の5つ。

主な機能5つ

スマホ/スマートスピーカーによる開閉
タイマー設定
光センサーによる自動開閉
アレクサ、Googleアシスタント、Siriとの連携
手動開閉

次は、実際にSwitchBotカーテン3世代を使ってみた様子をご紹介します!

作動状況を検証!スムーズな開閉と静音性に感動

実際にSwitchBotカーテン3を自宅のカーテンに取り付けて、動作状況を検証してみました。

開閉速度
スマホアプリで操作すると、カーテンはスムーズに開閉しました。開閉速度は、アプリで調整可能です。

静音性
2世代と比べて、動作音がかなり静かになっています。早朝や夜間でも、周囲を気にせず使用できます。

動作精度
光センサーによる自動開閉も、問題なく動作しました。日差しに合わせて、カーテンが自動で開閉してくれるのは便利です。

次ページでは、誰でも簡単にできる設置方法をご紹介します!

設置方法は工具不要で10分程度で完了!

SwitchBotカーテン3の設置は、とても簡単です。

工具は一切不要で、10分程度で完了します。

必要なもの
・SwitchBotカーテン3本体
・取扱説明書
・充電ケーブル

設置手順
1、カーテンレールに取付ブラケットを取り付ける。
2、本体を取付ブラケットにセットする。
3、カーテンランナーを取り付ける。
4、スマホアプリで設定を行う。

switchbot カーテン 第3世代のメリット

SwitchBotカーテン 第3世代は、従来のモデルからさらに進化を遂げ、多くのメリットがあります。

・快適な開閉
・スマートな機能
・その他

快適な開閉

パワフルなモーターで、最大開閉力2.5kgで、厚手のカーテンもスムーズに開閉できます。また、静音設計により、動作音が約30dBと静か。

さらに、早朝や夜間でも周囲を気にせず使用できます。しかも、スムーズな動きで、開閉速度は3段階で調整可能。お好みの速度に設定できます。

手動開閉も簡単にでき、停電時も安心で、軽く引っ張るだけで開閉できます。

スマートな機能

スマホ操作で、いつでもどこでも、スマホアプリでカーテンを操作できます。

また、タイマー設定もでき、起床時や就寝時に自動で開閉。毎日の生活を快適にサポートします。
光センサー付きで、日差しに合わせて自動開閉。省エネにもつながります。

スマートスピーカー連携で、「アレクサ、Googleアシスタント、Siri」に対応し、声で操作できます。

豊富なカスタマイズもそろい、開閉位置や速度など、細かい設定が可能です。

その他

簡単設置が可能で、工具必要なく10分程度で設置できます。しかも、省電力設計で、最大約8ヶ月間バッテリー駆動。充電の手間が省けます。さらに、安心保証の1年間のメーカー保証付き。

次は、SwitchBotカーテン 第3世代のデメリットをご紹介します。


switchbot カーテン 第3世代のデメリット

SwitchBotカーテン第3世代は、便利な機能が多数搭載されたスマートカーテンですが、いくつかのデメリットも存在します。

購入前に、以下4つのデメリットを理解しておきましょう。

4つのデメリット

・購入費用
・対応レール
・スマート機能の利用
・その他

購入費用
SwitchBotカーテン第3世代は、約3万円と高価な買い物です。

一般的なカーテンレールと比較すると、3倍以上の価格となります。長期利用でないと、元が取れない可能性もあります。

なので、セールやキャンペーンを利用して購入する方法や、ポイントを貯めて購入したりします。

また、複数人で購入して費用を分担するという方法もありますよね。

対応レール
SwitchBotカーテン第3世代は、Uレール、Iレール、ボックスレールに対応しています。

ただし、ボックスレールは別途アダプタが必要となります。また、一部のレールには対応していない場合があります。

購入前に、ご自宅のレールが対応しているかどうかを確認する必要があります。

なので、アダプタを使用して、ボックスレールに取り付ける方法や、対応しているレールを購入するなどの方法を取ると良いでしょう。

スマート機能の利用
SwitchBotカーテン第3世代は、スマホやスマートスピーカーなどの機器で操作できます。

ただし、これらの機器を所有していない場合は、別途購入する必要があります。

また、インターネット環境も必要となります。設定や操作が苦手な方には、難しいと感じるかもしれません。

したがって、スマホやスマートスピーカーを家族と共有する方法や、設定や操作を家族に手伝ってもらうなど、簡単操作モードを利用することも検討しましょう。

その他
停電時には、SwitchBotカーテン第3世代は手動開閉が必要です。また、長時間使用すると、バッテリーの劣化が考えられます。

SwitchBotカーテン第3世代は、多くのメリットがある一方、いくつかのデメリットも存在します。購入前に、メリットとデメリットを理解した上で、自分に合っているかどうかを検討することが大切です。

SwitchBotカーテン第3世代がおすすめな方!

SwitchBotカーテン 第3世代は、以下のような方におすすめです。

・カーテンの開閉を自動化したい方
・快適な睡眠環境を整えたい方
・スマートホーム化に興味がある方
・省エネ対策をしたい方
・デザイン性の高いカーテンレールを求めている方

購入前に、メリットとデメリットを理解した上で、自分に合っているかどうかを検討することが大切です。

購入前に確認すべき点

SwitchBotカーテン第3世代は、便利な機能が多数搭載されたスマートカーテンですが、購入前にいくつか確認すべき点があります。

1、対応レール
2、スマート機能の利用
3、その他

1. 対応レール
ご自宅のカーテンレールがUレール、Iレール、ボックスレールに対応しているか確認してください。
ボックスレールは別途アダプタが必要です。
一部のレールには対応していない場合があります。

2. スマート機能の利用
スマホやスマートスピーカーなどの機器を所有しているか確認してください。
インターネット環境も必要です。
設定や操作が苦手な方は、難しいと感じるかもしれません。

3. その他
・購入費用は約3万円と高価です。
・停電時には、手動開閉が必要です。
・長時間使用すると、バッテリーの劣化が考えられます。

購入前に確認すべき詳細
・対応レール
・カーテンレールの形状(Uレール、Iレール、ボックスレール)
・レールの幅
・ランナーの種類

スマート機能の利用
・スマホやスマートスピーカーの機種
・インターネット環境(Wi-Fi)
・設定や操作に自信があるか

その他
・予算
・停電時の対策
・バッテリーの寿命

確認方法
・公式サイトで対応レールを確認
・ご自宅のカーテンレールを実際に測定
・スマホやスマートスピーカーの機種を確認
・インターネット環境を確認

設定や操作に自信がない場合は、家族に相談
SwitchBotカーテン第3世代は、多くのメリットがある一方、いくつかの確認すべき点があります。

購入前に、上記の項目を全て確認し、自分に合っているかどうかを検討することが大切です。

まとめ

2023年11月発売のSwitchBotカーテン第3世代は、2世代との比較で、対応レール増加、開閉力向上、静音性向上、バッテリー容量アップ、通信方式高速化など、多くの機能が進化しています。

実際に検証した結果、スムーズな開閉、静音性、光センサーによる自動開閉など、快適な作動状況を確認しました。

設置方法は簡単で、工具不要で10分程度で完了します。

メリットは、快適な開閉、豊富な機能、簡単設置など。

デメリットは、購入費用、対応レール、スマート機能利用などに対して、デメリット解消方法も提案しています。

購入前に確認すべき点は、対応レール、スマート機能利用、その他などです。

公式サイトや参考記事も合わせてご確認ください。




タイトルとURLをコピーしました