冬の寒さ対策アイテムに必須なのが「ストーブ」の存在。

ストーブの需要は家屋の中だけではなく、車庫や倉庫や物置やキャンプなど家屋以外で使用する機会もあったりします。そういったときに活躍するのが、ガスストーブの存在。

このページでは、家屋内ではもちろん野外でも使用できるイワタニのカセットガスストーブ「デカ暖 CB-STV-HPR」をレビューします。

デカ暖 CB-STV-DKDが気になっている方は参考にしてください。



イワタニ デカ暖 CB-STV-HPRをレビュー

イワタニは、LPガスやカセットこんろを取り扱う企業として有名ですが、今注目トヨタで注目を集めている水素も古くから手掛けています。

そんなイワタニがつくるカセットガスストーブシリーズですが、その中でも人気が高いのがデカ暖シリーズのカセットガスストーブ。

デカ暖シリーズには「CB-STV-HPR・CB-STV-DKD・CB-STV-DKD2」の3つの機種が用意されています。

今回このページで紹介するのは、2014年9月1日に発売された「CB-STV-HPR」をご紹介します。

まずは、CB-STV-HPRはどういったストーブなのかが分かる特徴から紹介したいと思います。

イワタニ デカ暖 CB-STV-HPRの特徴

・電気、電池がいらない点火方式
・速暖で温める
・暖房効率を高める燃焼筒
・臭いがしない


順を追って解説します。

電気や電池がいらない点火方式

デカ暖 CB-STV-DKDは、ガスボンベを使用したストーブです。

火を点火する場合に必要とする電気を使う電源が必要になりません。また、家庭用コンロのように点火スイッチを押すときに必要な電池も必要ありません。

CB-STV-DKDの点火方法は、電池を必要としない圧電点火方式を採用しているため、スイッチを回すだけで点火します。電源がない屋外や電気が使えない非常時でもすぐ暖がとれるストーブです。

速暖で温める

CB-STV-DKDには放射版が取り付けられているので放射効率がよく、ガスしようとは思えない高い暖房が得られます。ただし、外気温に左右される可能性があります。

つまり、外気が比較的高い場合には高い暖房が得られますが、外気が低い場合は暖房効率が落ちますので、真冬の北海道や東北での使用では高温になりずらいかもしれません。ただ、近くで暖をとる分には良いかもしれません。


暖房効率を高める燃焼筒

石油ストーブに燃焼筒はつきものですが、今までのガスストーブに燃焼筒は付いていませんでした。

デカ暖 CB-STV-DKDは、石油ストーブをモチーフにしたスタイルで熱を効率よく放射させようとつくられたストーブで、ガスストーブに今までなかった放射効率を使った結果人気を高めたようです。

臭いがしない

石油ストーブなどを点ける際や消す際に灯油の臭いがしますが、このカセット式ガスストーブの着火時にはほとんど臭いがしない特徴があるので、ストーブを点けるときの独特な臭いが気になっている方におすすめのストーブになりそうです。

イワタニ デカ暖 CB-STV-HPR口コミ

イワタニのデカ暖 CB-STV-HPRは人気なので口コミも多く存在します。

下記に、口コミを分かりやすいように箇条書きで端的にご紹介します。↓

口コミ
・音も静かでどこに持って行っても使用できるのが良い
・石油ストーブより劣るが使い勝手が良い。
・つけているのが忘れるくらい静か
・部屋、台所、洗面所、居間に引っ張りだこ
・どこでも使えて便利。
・足元を温めるのにちょうど良い
・停電に役立った
・非常用として使えるので便利


口コミに多かったのが「軽い・静か・すぐ使える・どこでも使える」でした。

火力は石油ストーブに比べるとちょっと非力ですが、かといって一人部屋での足もとぐらいは十分な暖房になるようです。

さらに、電源がいらないので野外などにも気がるに使えるので便利です。

イワタニ デカ暖 CB-STV-HPRデメリット

・広い部屋には向かない
・外気温度に左右される


イワタニ デカ暖 CB-STV-HPRのデメリットを見てみると、熱効率がいいといってもガスストーブ特有の高火力に難があるので外気温に左右される可能性大です。

外気が2,3度ほどに下がると、熱効率が下がって広い部屋の暖房にはほとんど対応できないと思います。さらに6畳ぐらいでも部屋全体が温まるかといえば微妙かもしれません。

ただし、10度以上の外気温では、比較的温まる可能性も高いと思います。


イワタニ デカ暖 CB-STV-HPRメリット

・停電や電源が使えない場所でも使用できる
・即断性が高い
・室内が乾燥しない
・燃料補充が簡単
・臭いがしない


上記のデメリット部分を除けば、デカ暖にはさまざまなメリットがあるのも事実。

一番は、電源が必要ないということ。さらに圧電点火方式を採用しているため電池もいらず、ガスボンベさえあれば暖をとれる気軽さが大きなメリット部分ですね。

電気ストーブのように即断性が高いので、点火するとすぐ暖をとれるのも大きな特徴。しかも、電気ストーブや石油ストーブのように、ガス燃焼する際水蒸気が発生するので室内が乾燥しないとメリットもあるので、「乾燥で肌がヤバそう!」と思っている方にはおすすめの暖房方法になるかもしれません。

そして石油ストーブのように給油が必要ないので、点火消化時やこぼしたなど臭い問題もありませんよね。

仕様と説明書

デカ暖 CB-CGS-HPRの説明書は、こちらから確認できます。

仕様書は、下記を確かめてください。↓

商品名 イワタニ カセットガスストーブ デカ暖 CB-CGS-HPR
点火方式 電圧点火方式
安全機構 不完全燃焼防止機構/転倒時ガス遮断機構/立ち消え時ガス遮断機構/圧力感知安全装置
ガス缶着脱方式 マグネット方式
燃料 CB缶(カセットガスボンベ)
連続燃焼時間 約2時間30分
ガス消費量 約98g/h
本体素材 SPCC(冷延圧延網版)+紛体塗装
取手素材 ABS樹脂
バーナー素材 セラミックバーナー
器具栓つまみ素材 ABS樹脂
本体寸法 約幅349×奥行280×高さ408mm
本体重量 約4.1kg
保証 1年

まとめ

イワタニ デカ暖 CB-STV-HPRは、2014年9月1日に販売されたデカ暖シリーズの中では先駆者的ストーブです。

型が古いといえども今年2022年初頭に値上がりしました。今一番最安値で購入できるAmazonでも3000円ぐらいの高値で販売されています。

でもデカ暖シリーズの中では一番安く手に入るのも事実ですので、「新しいスペックは必要ない」という方にはおすすめのストーブになりそうです。

つぎは、2018年08月10日に発売されたCB-STV-DKDをレビューします。