オーブンレンジは、料理や調理の幅を広げる便利なキッチンアプライアンスです。

機能や特徴には個体差がありますが、一般的なおすすめポイントをいくつかご紹介しますので、オーブンレンジを買い替えたいなどで気になっている方は、参考にしてくださいね。

オーブンレンジのおすすめ基準

・サイズと容量
・調理機能
・ヒーターの出力
・プリセットメニューとセンサー機能
・手入れのしやすさ
・ブランドと耐久性


オーブンレンジのおすすめを選ぶうえで重要になってくる項目は、上記を参考にしてほしいと思います。

では、これらの項目を順を追って詳細を解説します。



サイズと容量

オーブンレンジのサイズと容量は、料理の種類や調理量によって選ぶべき重要な要素ですが、それらの詳細を説明したいと思います。

オーブンレンジのサイズを決める場合、キッチンのカウンターやスペースに合わせて適切なサイズを選ぶことが重要です。

そうしないと、買った後で「使いずらい」などの不満が出る原因となるので重要な要素になります。

一般的なオーブンレンジの外形寸法は、幅が約45 cmから60 cm、高さが約25 cmから40 cm、奥行きが約35 cmから55 cm程度を」基準に考えて選びます。

オーブンレンジの容量は、内部に調理するスペースの広さを示すもので、容量はリットル(L)で表され、オーブン内部の寸法によって決まります。

一般的な家庭用オーブンレンジの容量は、20リットルから30リットル程度が一般的で、容量が大きいほど一度に調理できる食材の量が多くなるので、各ご家庭にあった量を選びます。

たとえば、この要領で何人分作れるといったデータを下記に掲載してみましたので参考にしてください。

人数と容量で選ぶ

人数分でまかなえる容量を書き出してみました。

1人から2人

10リットルから20リットル程度の小型のオーブンレンジが適しています。

これは一人暮らしやカップルでの使用に適したサイズですで、「ピザ、トースト、冷凍食品」の調理など、小規模な料理に対応できます。

3人から4人

20リットルから30リットル程度の中型のオーブンレンジが適しています。

20リットルから30リットルのオーブンレンジでは小さな家族やシェアハウスなどでの使用に適したサイズです。「グラタン、ローストチキン、パン」の焼き上げなど、一般的な家庭料理に対応できます。

5人以上

30リットル以上となると、大型のオーブンレンジが適しています。

大家族や料理好きなグループでの使用に適したサイズですで、大きなお肉の「ロースト、パーティーメニューの調理、大量のパンやケーキ」の焼き上げなど、多量の食材を調理する場合に便利です。

上記項目は、あくまでも一般家庭でのサンプル的データで、各家庭の料理の量や作り方次第では違った内容にもなることを考慮してくださいね。

調理機能

オーブンレンジは様々な調理機能があり、それぞれ機能別に異なる料理が可能です。

一般的な調理機能を、種類別に特徴を掲載してみました。

オーブン機能

オーブン機能は、加熱要素として上下のヒーターを使用し、食材を均等に加熱する機能です。温度調節が可能で、グラタン、ローストチキン、パン、クッキーなどの焼き菓子や焼き料理を調理するのに適しています。

グリル機能

グリル機能は、上部に搭載されたグリルヒーターを使用して食材を焼く機能です。焼き目をつけたい場合や、表面をカリッと仕上げたい料理に適しています。

コンベクション機能

コンベクション機能は、オーブン内にファンを備えているタイプのオーブンレンジで見られる機能です。ファンによって空気が循環し、食材をより均一に加熱することができ、さらに焼きムラを抑えるために使用される機能で、焼き物やパイ作りなどに適しているといえます。

このような調理機能は、オーブンレンジの機種やブランドによってさまざまな違いがあります。

一部の高機能モデルでは、さらに多様な調理機能が追加されていることもあるため、ご自身や家族の料理の好みや必要性に合わせて、最適な調理機能を選んでみてください。

ヒーターの出力

オーブンレンジのヒーター出力は、料理の加熱や調理時間に直接影響を与える重要な要素です。ヒーターの出力が高いほど、より迅速に加熱が行われます。

一般的なオーブンレンジのヒーター出力は、700Wから1,500W以上までの範囲で設定されています。

料理別でヒーター出力が違いますが、一般的に強い加熱が必要な料理(例:焼き肉やオーブン焼き)では高いヒーター出力が望まれます。一方、繊細な料理や解凍などの低温調理には低いヒーター出力が適しています。

また、オーブンレンジの容量とヒーター出力は関連していて、大きな容量のオーブンレンジでは、より高いヒーター出力が必要となる場合があります。一般的には、容量が大きいほどヒーター出力も高くなる傾向があります。

さらに、一部のオーブンレンジには、ヒーター出力を調整できる機能が備わり、料理の種類や要求に合わせて適切なヒーター出力を選択することができます。

プリセットメニューとセンサー機能

自動調理してくれるプリセットメニューは、特定の料理や食材に最適な設定を事前にプログラムしている機能です。

仮に、「ピザ、ポップコーン、焼き魚、チキン」など、よく使われる料理に対して予め最適な加熱時間や出力が設定されています。また、プリセットメニューを使用することで、簡単に料理を調理することもできたりするんですね。

さらに、食材の状態を検知するセンサー機能は、最適な加熱時間や出力を自動的に調整してくれるすぐれものの機能の一つ。

オーブンレンジによっては、食材の湿度や蒸気などを検知して加熱のタイミングや出力を自動的に最適化しますが、料理が過熱したり焦げたりすることを防ぎ、より正確な調理が可能となります。

手入れのしやすさ

通常オーブンレンジの内部には、特殊なコーティングが施されている場合があります。

食材のこびりつきや汚れが起きた場合でも媚びり付きにくくなり、さらに一部のモデルでは、蒸気クリーニング機能を備えているものまであり、内部を清潔に保つことができるようです。

ブランドと耐久性

パナソニックは家電製品の大手メーカーであり、耐久性に優れたオーブンレンジを提供しています。パナソニックの製品は高品質な素材や堅牢な設計で知られ、長期間にわたって頑強に機能することが期待できます。

シャープも信頼性の高いオーブンレンジを提供しているメーカーの一つで、シャープ製品は耐久性があり、多くのユーザーにとって長期間にわたって頼りになる存在となっています。

日立のオーブンレンジは、耐久性のある構造や高品質な素材を使用しており、長期間にわたって頑強に動作することが期待できます。また、多くのモデルでは便利な機能や調理プログラムが備わっており、料理の幅を広げることができます。

使いやすさやクリーニングのしやすさにも配慮され、さらに操作パネルや表示が分かりやすく配置されており、使い方が簡単です。

また、内部の掃除が容易な機能や特殊なコーティングも備わっている場合もあります。

まとめ

これらのブランドは一般的に品質が高く、耐久性に優れたオーブンレンジを提供しています。

ただし、個々のモデルやシリーズによって性能や耐久性が異なるため、具体的な製品を選ぶ際には詳細な仕様やレビューを参考にすることが重要です。

また、メーカーの保証やアフターサービスやQ&Aなどにも一通り目を通すなど、購入前の最善策を怠ることなく実行することで、長く使えるオーブンレンジが手に入る可能性が高くなると思いますよ。