夏 寝苦しい!寝れない!睡眠不足がヤバイ!理由や対策グッズはコレ!

夏は寝苦しい!寝れないという日々が続きます。寝れなければ睡眠不足になり、次の日の仕事は最悪状態!

考えただけでもゾッとするわけですが、暑い夏の夜を涼しく過ごす良い対策はないものでしょうか?

ということで、このページでは厚さを軽減して睡眠不足になりにくい方法をご紹介します。



寝苦しくて寝れない暑い夏の夜を涼しく過ごす良い方法

寝苦しくて寝れない暑い夏の夜のエアコン稼働は、熱中症を防ぐためにも必須です。

一晩中エアコンをつけていると冷えすぎて体調が悪くなるので、寝苦しさを回避するためにも寝る前の温度調節で部屋の中を冷やしておきましょう。

エアコン調整


床に就くとき26度から28度ぐらいに設定してから寝るようにすると寝苦しさから解放され熟睡できる確率が高くなります。

また、エアコンの付け過ぎは電気の無駄づかいにもなってしまうので、タイマーをセットするのも良いと思います。

2時間稼働し30分間停止するなど、寝苦しさを調整しながら最良なセット方法を見つけると省エネにもなり効果的です。


アイスノン枕を使う

わたしも行っていますが、エアコンは極力使わずアイスノン枕を使うと熟睡できる確率が高くなります。

もともと、人間は眠りに入る前には体温が下がります。この原理を応用することで寝る前の蒸し暑しさから解放され、熟睡できる確率が上がります。

枕に使用する場合は、やわらかいアイスノン枕が使いやすいです。さらに枕カバーはタオルなどでも良いですが、専用のカバーケースがつかいやすいです。

サラッとひんやり快眠アイス枕カバー

ひんやり布団を使う


ひんやり布団は効果的だと思います。

凄くというわけではないですが、地獄のような寝苦しさから解放される確率が高いです。アイスノン枕と一緒に使うととても効果的です。

冷風扇を使う

【7/1ワンダフルデーP11倍】冷風扇 冷風機 卓上冷風扇 扇風機 卓上 加湿 クーラー タイマー機能 風量3段階 給電式 便利 強風 小型 ミニエアコン 暑さ対策 雰囲気ランプ付き 日本語説明書 PSE認証済 コンパクト

この冷風扇は楽天やAmazonでも人気があり、しかも高評価です。

高評価の口コミ内容の使った人たちが6月ということもあり真夏の仕様はどうなのか分かりませんが、あるのとないのとでは雲泥の差があると思います。暑い場所に少しの冷風があると涼しいと体感でき暑ぐるしさも軽減できるものです。


エアコン使用が少ない地域は上記アイテムをおすすめ

エアコン使用が少ない北海道や東北地方などは、アイスノン枕やひんやり布団や冷風扇などで夏場の猛暑を乗り切りましょう。

猛暑日が1週間ほどという北海道や東北地方でのエアコン使用は無駄のようにも思えますよね。しかし、最近ではダイキンが夏と冬に使えるエアコンを開発しています。

寒冷地仕様のエアコンを開発している企業は「ダイキン・三菱・日立・パナソニック」などがありますが、中でも空調に力を入れているダイキンのエアコンは人気があります。

少し余裕があるのであれば、使ってみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

夏 寝れない なぜ」というキーワードがあり、暑いとき寝れない理由はなに?と悩んでいる方も多いと思いますが、その理由は体温が関係しているからです。

人間寝る間際になると体温が下がる傾向にあります。これと似た症状に「食後 体温が下がる」というキーワードもありますが、体温が下がる理由は血液の変動にあります。


食事をすると胃や腸に体中の血液が集中します。

体中の血液が全部集中すると身体が維持されないため、体内には血圧を維持するセーフティー機能が備わっています。もしセーフティー機能が正しく働かない場合は、食後めまいふらつき立ちくらみが生じる場合もあります。

このセーフティー機能によって食事をしても食後低血圧などならずに健康を維持されますが、胃や腸以外の血液は通常よりも少なくなった状態になり胃や腸を除いた部分の体温が下がります。

この作用によって脳の血流も少なり脳温度も下がる結果、「食後に眠くなるのはなぜ?」というキーワードの意味も下記を読めば納得します。↓


脳が活発に回転するにはじゅうぶんな血流が必要です。

あまり血流が多いと気が高ぶり気味になり意識が集中できないというデメリットも生まれますが、一番脳の活性化に良い温度は18度だともいわれています。

もし脳内の血流が少なくなると脳の働きがままならなくなり、脳温度も下がり機能低下を招き脳が眠りにつく体制が整ってしまいます。

よく雪山で遭難する人の場合は眠くなるのが原因で、脳がこの状態になるからです。


なので、脳を冷やし働きを抑えれば寝れる体制をつくれるのです。

暑さから「寝苦しい・考え事」など、寝れない理由は心理現象だと思っている人もいますが、寝れない理由は脳(大脳)の高い温度がもたらす生理現象です。

生理現象を解決するには物理的解決が功を奏します。

つまり、一番有効に寝れる良い方法がアイスノンで直に脳の働きを抑えるのが有効ともいえます。

もしエアコンなど使う場合は体全体が冷えるので風邪をひきやすくなる可能性があるので注意が必要です。寝る際エアコン温度を合わす一番い目安は25度から28度付近です。