家庭用脱毛器を使う場合、基本となる性能を知ることはとても重要だと感じます。

なぜなら、家庭用脱毛器の基本性能が分からず購入すると、後々に「もっと調べてから購入すればよかった!」と、なる可能性もあるからです。

このページでは、そんな悩みを払しょくする内容を掲載していますので、お勧めの脱毛器が購入できて満足いく脱毛が可能となり、ムダ毛処理も当初から描いていた希望が叶えられて美肌を手に入れることができます。

それでは、まいりましょう。これだけは外せない家庭用脱毛器の基本性能。



家庭用脱毛器の基本性能

家庭用脱毛器を使う場合の基本ともなる性能には、下記のような重要な項目があります。

脱毛器の基本性能
・脱毛出力(ジュール数)
・照射レベル(段階数)
・照射回数(フラッシュ回数)
・照射面積(平方センチメートル)
・脱毛可能部位(顔・ワキ・腕・手・VIO・脚)
・照射機能(手動・自動・連射)
・冷却機能(冷却方法と温度数)
・ヘッド交換カートリッジ(個数と種類)

上記項目を、順を追って説明していきたいと思います。

脱毛出力(ジュール数)

家庭用脱毛器の良さが分かる部分は「ジュール数」。

脱毛出力を示す「ジュール数」が高ければ高いほど、毛根の奥深くまで光脱毛の根幹であるIPLが届きメラニン色素を破壊する力が強く早く確実に脱毛効果が出やすいといえるでしょう。

最近の光脱毛器では20ジュールという家庭用脱毛器も出ているほどです。ですが、あまりにも強いジュール数だと家庭用レーザー脱毛器トリアのように、痛くて我慢しながら脱毛する羽目になりそうです。

脱毛できるなら痛みなんて大したことない」と、痛みに強い人はジュール数の多い脱毛器を選ぶようにしましょう。

ジュール数が高くパワーアップした「オーパスビューティー」のジュール数はなんと18.5ジュールのパワーを引き出すのが魅力的。(※詳しくはこちらから

照射レベル(段階数)

脱毛器の照射レベルがあるのとないのでは脱毛自体の質が問われる問題になるため、とても重要になる部分です。

通常の家庭用脱毛器では、照射レベルの設定が「1段階から5段階」まである脱毛器がほとんどだと思われますが、中には「1段階から10段階」まで装備されている脱毛器もあったりします。

レベル調整が多いと、さまざまな肌質に合わせやすいという理由から小まめな調整ができるので、取り扱いが非常にしやすいというメリットが生まれます。

ですが、10段階まで装備されている脱毛器は値段も高額になり、購入しにくい脱毛器としてマイナス面も出てきますが、とても使いやすい脱毛器と感じます。

さらに、高額な脱毛器になると照射レベルが、通常手動で行う部分が自動で行われる「ブラウン・」機種もあります。


照射回数(フラッシュ回数)

照射回数(フラッシュ回数)は脱毛器を使ううえにおいては非常に重要になる部分です。

照射回数が少ない脱毛器の場合、照射回数がすべて使い果たして回数値がなくなればその脱毛器はもう使えなくなります。

昨今売られている脱毛器の照射回数の平均回数は、一昔前の20万回や30万回といった回数を装備している脱毛器が多く存在していますた。

しかし、いま売られている脱毛器の照射回数は、なんと無制限回数というととんでもない脱毛器まで販売されるようになっています。

でも「無制限回数って買う側からすればすごくお得なんだけど、耐久性や機能面などは大丈夫なの?」って思ってしまうような、でもお得感満載でつい手が出そうになってしまいますが。

結果的には、無制限といってもまだ最後まで使った人がいない状況なので、その実態は分からない部分でもあり心配な要素になる問題だと思います。

照射面積(平方センチメートル)

照射面積は、ヘッド交換カートリッジに依存する部分も多々あると思われますが、脱毛器によってはカートリッジが付属されなくて本体のみの照射になる脱毛器もあります。

そういった脱毛器での照射面積は脱毛する上において重要な要素を持っているのでおろそかにできない部分です。

照射面積が広すぎても狭すぎても使い勝手が決まり、使いずらい脱毛器を使っていてもストレスが溜まるので、もしヘッドカートリッジが付いていない脱毛器の照射面積は「2.0cm×3.5cm=7cm²」の大きさであれば、普通におすすめできる大きさなのではないでしょうか?

脱毛可能部位(顔・ワキ・腕・手・VIO・脚)

家庭用脱毛器で脱毛できない部位がある脱毛器のほとんどは「VIO」です。

VIOができる脱毛器は必然的に顔もOKだという脱毛器が多いように感じますが、せっかく脱毛器を買うのであれば脱毛サロンやクリニックで恥ずかしい思いをする場所のVIO脱毛ができる脱毛器を選ぶのが最低条件だと思われます。

美容を意識した脱毛器を購入するのであれば顔がOKの脱毛器が優先されますが、顔とVIOはほとんどが同じ薄い皮膚による脱毛方式なのでシステム的に対と考えることができるため、どちらかがOKであれば両方に使える可能性は高いと思われます。


照射機能(手動・自動・連射・肌色識別感知センサー)

主な照射機能であれば、手動と自動はつきものです。

ですが、連射が付かない脱毛器もあるため購入する際の照射機能の確認は要注意です。

ただ、連射機能が付いていない脱毛器でも自動機能があれば、ボタンを押すのが面倒だと感じないのであれば、使い勝手の問題は大丈夫だと思われます。

ですが、どうせ買うのだったら連射機能付きのほうがより脱毛処理がはかどるので照射機能の連射機能付きがおすすだと感じます。

冷却機能(冷却方法と温度数)

家庭用脱毛器に冷却機能が付いているのといないのとでは、脱毛する上において非常に時短の面で違いが生じてきます。

連射機能も時短になりますが、冷却機能が付いていると、保冷材などでアイシングする手間が省けかなりの時間を節約することができるので、冷却機能脱毛器はおすすめです。

コードレス機能

家庭用脱毛器に装備された方が良いと思える機能に「コードレス・防水」という項目があります。

コードが付いている場合と付いていない場合とでの使うときの精神的負担が違います。コードが付いていないとストレスもかかりにくく、疲れない状態で脱毛ができます。

しかし、コードレス脱毛器にもデメリットがあります。それは、脱毛効果がポイントになります。

コード付きの場合、最初から最後まで安定した出力が得られますが、コードレスの場合は時間がたつにつれ出力ダウンが伴ってきます。

終了に近づくにつれ、出力がダウン傾向になるため、開始した当初よりもダウンし最初との差が生じるため、長くかかればかかるほど脱毛効果への懸念材料になる恐れも出てくるかもしれません。


防水機能

家庭用脱毛器に防水機能が付いていれば、場所を限定しない脱毛ができます。

防水機能が付いていればお風呂場などでも脱毛が可能になり、アイシング作業が必要ならばシャワー水でアイシングしながらということも行えます。

本当であればお風呂場で前処理のカミソリ使用も後始末を考えるまでもなく簡単にできますが、カミソリ使用は前日に行っておくのがベストなので脱毛と時を同じにしないように心がけたいものです。

ヘッド交換カートリッジ(個数と種類)

ヘッド交換カートリッジが付属されている場合は、部分部分での使い分けができるようになります。

脚や腕といった広い脱毛面積には大口のカートリッジを、顔回りやVIOといった狭い部分への照射には狭いカートリッジが効果的に使用でき、脱毛作業も効率よくはかどります。

もしカートリッジが付いていない場合は、中間ほどの大きさ「2.0cm×3.5cm=7cm²」ぐらいの照射口を備えた脱毛器を選ぶようにしたいものです。

大きさと重さ

家庭用脱毛器に重要なのは、使い勝手の観点から小ぶりで軽いものが最優先されます。

ですが、そういった脱毛器はほとんど売られていないのが現状ですが、高価になるほど機能面は充実してきますが、大きく重さもシッカリある脱毛器になっている可能性大なので、なるべくならば軽量かつ小さめの脱毛器を選ぶようにしましょう。

軽量かつ小さめで高機能でおすすめ脱毛器には、JOVS(ジョブズ)脱毛器の286gやケノン脱毛器の本体120gなど軽量化されているため、疲れが気にならない脱毛処理が最後までできます。

JOVS(ジョブズ)

JOVS(ジョブズ)脱毛器(286g)は、メンズ用とレディース用が用意されています。

JOVS脱毛器 メンズ レディース 髭 2022 家庭用脱毛器 全身 vio サファイア冷感 5℃ 無痛 光脱毛

ケノン

ケノン(120g)は脱毛器として先駆者的な存在で、他の脱毛器とは比較にならないほどの技術が詰め込まれている脱毛器です。

脱毛ラボ ホームエディション

脱毛ラボ ホームエディションの本体重量は277g。脱毛ラボ ホームエディションにはプロエディションも用意され、高い脱毛効果が期待されそうです。

脱毛ラボ ホームエディション 業界初クーリング機能で痛くない光 家庭用脱毛器 脱毛サロン開発 照射 連射 美肌 光美容脱毛器

まとめ

家庭用脱毛器の高い安いの理由は、製品自体の質による部分が主ですが、その他にもブランド的要素も含まれるようです。

ただし、ブランド的要素の値段高騰も考えられますが、部分的品質の出来具合いがレベルアップしているため他の機能がない場合があります。

たとえば、冷却機能などが付いていない場合が多いと感じます。

ただ、この機能も自動レベル調整などによって冷却しなくてもさほど心配することもないと感じる程度まで自術面がレベルアップしていると感じます。

近年の家庭用脱毛器は中国企業で開発製造された商品が多いようですが、ブランド的要素が低いという観点から値段も安価で購入できたりしますが、決して技術面が劣っているなどの問題もないのではと感じています。

ただ、中国企業でつくられた家庭用脱毛器は、価格を安く朝得るために個々の部品や質を低く抑える面があり、またつくる工程や過程が雑な面もあり故障というレッテルを貼られています。

ですが、安価でそれなりの技術をもってつくられているため、機能面では決して引けを取っていないことや、反対に安価な脱毛器でも霊薬機能が付いているなど充実した装備も手伝いお買い得な面もあるのではとも感じています。