昨今、掃除機を求める人の間で手軽に掃除できるハンディタイプのコンパクトハンディクリーナが人気を呼んでいます。

そう、端を発したのがシャークハンディクリーナー。

シャークのEVOPOWER EXシリーズが売られて以降、こぞって各メーカーもハンディクリーナーを扱うようになったんです。

そんななかアイリスオーヤマもまたハンディクリーナーを開発製造しました。それが、この「IC-H50」。

そんなアイリスオーヤマのIC-H50をレビューしました。安価なアイリスオーヤマのIC-H50が気になった方は参考にしてください。



アイリスオーヤマ ハンディクリーナー 掃除機 IC-H50をレビュー!

IC-H50は、人気のハンディクリーナーのなかでもとりわけ安価な値段で売られ、しかもどのメーカーよりも人気で購入者が多くいるのが現状です。

他のシャークやダイソンのハンディクリーナーよりもダントツで売り上げが多いです。

そんなアイリスオーヤマのハンディクリーナー「IC-H50」の特徴はどこにあるのでしょうか?

下記に、IC-H50の特徴を書き出してみました。↓

ハンディクリーナー IC-H50の特徴

・ハンディタイプでは最軽量
・高い吸引力
・使いやすいアタッチメント
・手入れ簡単


順を追って解説します。↓

ハンディタイプでは最軽量

ハンディタイプ業界では最軽量となる500gです。

ハンディタイプを使う場合にかかる重量は気になるものですよね。ましてや重心が前にあり、持つ先が重くアンバランス的重さが手に加わるため、非力な女性は付かれると思います。

おなじハンディタイプのシャークの重量は680gあり、アイリスオーヤマのIC-H50よりも180gも重いので体感的には決して軽いとは言えない重さを扱わなければなりません。

500gは本当に軽さを感じると思います。現に実際に使っている人たちの口コミにも「軽いので使いやすい」という口コミが多数あります。軽ければ小回りも効きスイスイ掃除がはかどります。

高い吸引力

IC-H50に搭載されているバッテリーの容量は、シャークに搭載されているバッテリーよりも容量が高いです。シャークのバッテリーが1900mAhに対してIC-H50に搭載されているバッテリーの容量は2200mAhです。

ただしバッテリーの容量が多いからといっても、吸引力の高低はモーターの馬力が決め手にはなるのですが。そうはいっても口コミ内には吸引力が高いというコメントは多いです。


使いやすいアタッチメント

IC-H50に付属されているアタッチメントは2点。

すき間ノズル
ソファヘッド


ソファヘッドは簡易的で使いやすいフォルムの形状。

すき間ノズルが使いやすく、毛先が長くて対象物を傷つけることもなくいろいろな部分に使えて重宝します。

手入れ簡単

ハンディクリーナーの中でも手入れのしやすさは高いと思います。

わたしが所持しているシャークのWV310Jでは、フィルター容器の取り外しが出来ないため掃除に手間がかかりますが、アイリスオーヤマのIC-H50のフィルター容器は取り外しができて、きれいな手入れ方法が行えるので、衛生的にもいいと思います。

ただ、シャークの最新型の「WV400J・WV405J・WV406J」シリーズではフィルター容器は取り外しが出来ように改良されているようですが。

ハンディクリーナー IC-H50の口コミ

口コミ
・すぐ使えるので特に車で活躍している。
・吸引力もあり満足。
・コード付きと比べると劣る。
・バッテリーの持ちが悪い。
・アタッチメントのブラシが使いにくい。
・置き場所に困らない。
・音が気になる。


IC-H50を使っている人たちの口コミに多いのが「吸引力が高い」というコメントが多くありました。

それもそのはず、IC-H50に搭載されているバッテリーの容量はシャークに搭載されているバッテリーよりも容量が多いためだと思われますが、吸引力はバッテリーにも依存しますが、モーターにも依存するためバッテリーの容量で吸引力の高い低いを決める要因とはならないのかもしれません。

そして、バッテリの持ちが良くないというコメントもありますが、もともとバッテリーの容量がないため持ちが悪いのは仕方ない理由があるのも事実。

さらに音も気になる問題ですが、吸収するシステムがコンパクトな形態のため仕方のない問題かと思われます。

ハンディクリーナー IC-H50のデメリット

・ブラシが使いにくい。
・音が甲高い。
・バッテリーの持ちが悪い。


ハンディクリーナーにつきもののブラシの存在ですが、もう少し改良が必要になりそうと感じます。実際使っていてもブラシの手前の部分に付いていないため、何かのほこりなどを取る時に傷つくのではと思いながら掃除する場面が多々あるので、ブラシの改良が必要だと感じますね。

音に関しても気になる要因としてありますが、コンパクトゆえの甲高い音も仕方のない問題化もしれません。シャーク エヴォパワーのようにエコモードが付いていれば、それなりの消音効果が望める可能性があるのかもしれませんが?

あとバッテリーの問題も掃除機の性質上吸引力を高めると、バッテリーにかかる負担が多いため、バッテリー容量の足らなさ問題も高性能バッテリーが安価でつくられない限り無理な問題化のしれません。

ハンディクリーナー IC-H50のメリット

・どこにでもサッと使える。
・定位置に仕舞え充電もできる。
・バッテリー残量表示が便利。
・パワフルな吸引力。
・軽くて握りも細く使いやすい。
・ゴミ捨てが簡単。
・丸洗いできて衛生的。


軽量コンパクトだから何かあった時などすぐに使用できて便利で、使っている最中のバッテリー残量も確認でき、使い終わったあとも定位置の充電スタンドに置けば充電もできるのでどこに置いたのかなどのトラブルも起きない。

さらに、思っていた以上にパワフルな吸引力なのでストレスも感じないと思います。しかも、握る部分がちょうどの大きさで、太くもなく小さくもない持ちやすい形状で使いやすいです。

使い終わったあとの手入もゴミ収集ボックスの中をすべて外して丸洗い掃除できるので、衛生的に仕舞えるのもいいです。


ハンディクリーナー IC-H50購入場所

IC-H50を購入する場合は、大手通販店やさまざまな小売店で購入することができます。

アイリスオーヤマの製品はほとんどの各店舗で取り扱っているため、各有名電気店であれば取り扱いがあると思われますが、なかには取り扱っていないところもあるかもしれませんが、そういったときは楽天やAmazonではかならず購入できます。

仕様と説明書

IC-H50の説明書は、こちらから確認できます。

簡単な仕様書は下記を参照。↓

商品名 アイリスオーヤマ ハンディクリーナー 掃除機 IC-H50
電源方式 コードレス(充電式)
運転時間 標準モード:約23分
強:約15分
バッテリー容量 2,200mAh
充電時間 約2.5時間
バッテリー寿命 繰り返し充電約500回
本体寸法 5.6×5.7×40.2cm
質量 500g
付属品 充電スタンド、すき間ノズル、ソファヘッド、フィルター(予備)×1
保証 1年

まとめ

アイリスオーヤマ ハンディクリーナー 掃除機 IC-H50の性能は、かなり高いと思われます。

口コミを確かめても、満足して使っている人たちが多くいるので分かります。

シャークと比較した場合でも同等以上の性能内容が確認できるので人気が高いのも納得できると感じますが、人気がある一番の理由は、購入しやすい価格だと思います。

アイリスオーヤマ ハンディクリーナー 掃除機 IC-H50の値段が、Amazonでは現時点では8,900円で、それに対してシャークの値段は2倍から3倍するのを考えても明らかかもしれませんね。