すぐれた炊飯器は保温機能が高い!ご飯を美味にさせる驚きの秘密とは?

キッチン/洗面/浴室 家電生活家電

炊き立てのご飯って美味しいですよね。優れた炊飯器だとさらにおいしい!

ただ、優れた炊飯器でも保温力が良くないと時間が経つにつれご飯の美味しさも薄れてきますよね。

本当に優れた炊飯器は保温力も良くなくてはなりません。ということで、このページでは保温機能が優れた炊飯器をご紹介しています。

優れた保温力で、時間が経っても美味しく食べれる炊飯器が気になっている方は、この記事を参考にしてくださいね。

保温機能の高い炊飯器とは?

炊飯器には、炊飯後にご飯を温めておくための「保温機能」が搭載されています。保温機能は、ご飯の水分蒸発を抑え、おいしさを長時間保つための重要な機能です。

通常の炊飯器の保温機能は、内釜の温度を60℃~75℃に保つことで、ご飯の水分蒸発を抑え、おいしさを長時間保つための機能です。

保温機能は、炊飯器の底面にヒーターが設置されており、このヒーターで内釜の温度を保ちます。また、保温専用センサーが内釜の温度を感知し、一定の温度を保つように制御します。

通常の炊飯器の保温時間は、メーカーや機種によって異なりますが、12~24時間程度が一般的です。保温時間が長くなるにつれて、ご飯の水分蒸発や風味が落ちるため、できるだけ短時間で食べるのがおすすめです。

保温機能は重要

炊飯器において、保温機能は食事の質と美味しさに大きな影響を与える要素の一つです。この驚くべき機能は、ご飯を一度炊いた後も、熱々の状態を保つ役割を果たします。保温機能が高い炊飯器は、その食感や風味を長持ちさ食卓を楽しくします。

一般的に、ご飯を炊いた直後にそのまま食べることは、なかなか難しい問題もあります。しかし、高性能な保温機能を備えた炊飯器では、炊き立ての状態をキープできる。

つまり、炊き立てのようなふっくらとしたご飯がいつでも食べられるということ。毎回の食事が新鮮で美味しいものとなり、家族団らんのひと時が有意義になるでしょう。

また、保温機能は時間の節約にも寄与します。

なぜなら、食事の用意が簡単で、食卓にすぐに並べることができ、仕事や忙しい日常生活の中で、炊飯器の保温機能は大変便利なアシストとなるからです。

さらに、保温機能が高い炊飯器は、食材の風味を逃がさず保つことで、ご飯がより一層美味しく感じられるようになります。炊きたての香りや味わいが保たれることで、毎日の食事がより新鮮で特別な憩いの場となり、料理の楽しさが倍増されるでしょう。

要するに、保温機能は炊飯器の一つの魔法の杖かもしれませんね。適切に使えば、食事をより美味しく、効率的に楽しむことができます。

これらを踏まえ、高品質な炊飯器の選択肢の中に、優れた保温機能を備えたモデルがあるかどうか非常に重要な要素を秘め、注意深く検討したほうが、日々の食卓を楽しく過ごせますよね。

食感を美味にさせる驚きの秘密とは?

保温機能を美味にさせるために、下記のような秘密が用いられています。

・蒸気センサー(ご飯から出る蒸発水量を感知し、保温温度を調整する)
・真空保温(内釜の中から空気を抜いて、真空状態を保つ)
・保温専用ヒーター(保温専用のヒーターを使用して、ご飯を温める)

これらの技術が動作し、ご飯の水分蒸発を抑え、炊きたてのようなおいしさを長時間保つことができます。

すぐれた炊飯器は、ご飯の保温機能が高い傾向にあります。保温機能を高める技術には、蒸気センサー、真空保温、保温専用ヒーターなどがあります。ご飯のおいしさを楽しむためにも、保温機能に注目して炊飯器を選びましょう。

保温中に行うタブーな行動

通常、保温中にご飯を混ぜると、水分が均一に行き渡り、おいしく保つことができるとよく良まれることがありますが、この行動は
一見間違いのようにも思えそうですが、じつはご飯の劣化を招く行為にもつながってしまうんです。

理由は、ご飯一粒一粒が空気に触れやすくなり、はやく酸化劣化を招く要因につながる可能性が高いからです。

現に、炊きあがり時に混ぜたものと、混ぜなかったご飯の質を比べると、明らかに後者の混ぜなかったご飯の質が落ちていないことに気づくはずです。

つまり、ご飯の劣化を防ぐのには、そのままの状態をキープしたほうが良いという結果になります。

炊飯器の選び方と保温機能のポイント

炊飯器は、多くの家庭で日常的に使われており、美味しいご飯を簡単に炊くための便利な調理器具です。しかし、炊飯器の選び方に慎重になることは重要です。特に、保温機能はご飯の食感や美味しさに大きな影響を与えます。ここでは、炊飯器の選び方と保温機能に焦点を当てたポイントについて説明します。

炊飯器の容量を考える

まず、家庭の人数や用途に合った適切な容量の炊飯器を選びましょう。一般的な炊飯器の容量は、3合から10合以上までさまざまです。小規模な家庭には3合や5合が適していますが、大家族や特別なイベントのために多くのご飯を炊く場合は、大容量の炊飯器を検討しましょう。

保温機能の性能を確認する

保温機能は、ご飯の食感や風味を保つために非常に重要です。炊飯器を選ぶ際に、その保温機能の性能を確認しましょう。一般的な炊飯器は内釜の温度を60℃~75℃に保ちますが、一部の高性能モデルはより高い温度を維持することができます。長時間の保温が必要な場合、高性能な保温機能を備えた炊飯器が適しています。

保温時間を考慮する

炊飯器の保温時間はメーカーやモデルによって異なります。一般的には12~24時間程度が一般的です。長時間の保温が必要な場合は、保温時間を確認し、その要件に合致するモデルを選びましょう。ただし、長時間の保温はご飯の水分蒸発や風味の劣化につながるため、できるだけ短時間で食べることがおすすめです。

保温機能のオプションを検討する

一部の炊飯器には、さまざまな保温機能のオプションが付属しています。例えば、炊きたてのご飯をキープする「おいしいご飯」モードや、早朝に炊いたご飯を夕食時まで保温する「朝炊き」モードなどがあります。これらのオプションが家庭のニーズに合ったものかどうか確認しましょう。

メンテナンスと使い勝手を考える

炊飯器の使い勝手やメンテナンスが簡単かどうかも重要です。内釜が取り外し可能で洗いやすいモデルや、操作パネルが直感的で使いやすいモデルを選ぶことで、日常の料理がスムーズに行えます。

炊飯器を選ぶ際に、これらのポイントを考慮して、家庭のニーズに合った最適なモデルを見つけましょう。保温機能の性能が高い炊飯器は、毎日の食事をより美味しく、便利にすることができます。

以上のポイントを参考にして、炊飯器を選ぶ際に適切な選択ができることでしょう。保温機能の性能や使い勝手が満足のいくものであれば、日常の料理がさらに楽しくなります。

各炊飯器の保温機能比較

炊飯器は多くの家庭で愛用されており、美味しいご飯を手軽に炊くための便利な調理器具です。その中でも、保温機能はご飯の美味や風味を長時間にわたって保つために非常に重要です。ここでは、いくつか人気である各メーカーごとの炊飯器保温機能を比較し、どのモデルが最適かを考察していきます。

考察するメーカーは

・象印
・パナソニック
・東芝
・タイガー
・シャープ

これら炊飯器を代表する各メーカーの保温機能を解説します。

象印 炊飯器


象印の保温機能は「うるつや保温」と呼ばれ、底センサーによって温度を自動調節し、ご飯の水分蒸発を抑えます。

具体的には、底センサーが内釜の温度を感知し、その値に基づいて保温温度を調整します。また、保温開始から約5時間ごとに、温度を再調整することで、ご飯の水分蒸発を抑え、おいしさを30時間保つことができます。

うるつや保温は、象印の炊飯器の特徴的な機能のひとつであり、同社の炊飯器を選ぶ際の重要なポイントとなっています。

うるつや保温の特徴は、下記3つ。

・約30時間の保温が可能
・ご飯の水分蒸発を抑えて、おいしさを長時間保つ
・底センサーによって温度を自動調節

うるつや保温は、下記の炊飯器に搭載されています。

・圧力IH炊飯ジャー
・マイコン炊飯ジャー

なお、保温機能は、炊飯器のモデルによって保温時間や温度が異なる場合があります。また、保温中に蓋を開閉したり、保温庫内に他の食材を入れたりすると、ご飯のおいしさは劣化しやすくなります。

パナソニック 炊飯器


パナソニックの炊飯器の保温機能は、下記の2種類。

・通常保温(約60℃で保温する)
・いきいき保温(約5時間後と約10時間後に約75℃に間欠加熱する)

通常保温は、パナソニックの炊飯器に標準搭載されている保温機能です。約60℃で保温することで、ご飯の水分蒸発を抑え、おいしさを機種別に12時間から24時間保つことができます。

いきいき保温は、2022年以降のモデルに搭載されている保温機能です。約5時間後と約10時間後に約75℃に間欠加熱することで、ご飯の乾燥や黄ばみ、味の低下を抑えます。

いきいき保温の特徴は、下記3つ。

・約12時間と24時間の保温が可能
・ご飯の水分蒸発を抑えて、おいしさを長時間保つ
・約5時間後と約10時間後に約75℃に間欠加熱

いきいき保温は、以下の炊飯器に搭載されています。

・圧力IH炊飯ジャー
・マイコン炊飯ジャー

なお、保温機能は、炊飯器のモデルによって保温時間や温度が異なる場合があります。また、保温中に蓋を開閉したり、保温庫内に他の食材を入れたりすると、ご飯のおいしさは劣化しやすくなります。

パナソニックの炊飯器は、保温機能が優れていることでも知られています。通常保温でもおいしさを長時間保つことができますが、いきいき保温を搭載したモデルを選ぶと、よりおいしいご飯を長く楽しむことができます。

別のパナソニックのモデル、SR-YYYYは、保温機能においても高い評価を受けています。この炊飯器は保温専用のヒーターを使用して、ご飯を温めます。保温専用のヒーターは内釜の温度を安定させ、ご飯の美味しさを長時間にわたって保つ役割を果たします。

東芝 炊飯器


東芝の炊飯器の保温機能は、下記の2種類。

・真空保温
※内釜の中から空気を抜いて、真空状態を保つ・

・粒立ち保温
※ごはんから出る蒸発水量を蒸気センサーで感知し蒸発水量をベストな状態で保つ

真空保温は、東芝炊飯器の特徴的な保温機能の一つで、内釜の中から空気を抜くことで、ご飯の水分蒸発を抑え、おいしさを約40時間保つことができる機能。

粒立ち保温は、2022年発売の炊飯器「炎匠炊き」シリーズから採用された保温機能で、保温時にも蒸気センサーを活用することで、ご飯の水分蒸発を抑え、炊きたてのようなおいしさを約12時間保つことができます。

真空保温と粒立ち保温機能は、ともに3つ。

真空保温
・約40時間の保温が可能
・ご飯の水分蒸発を抑えおいしさを長時間保つ
・内釜の中から空気を抜いて、真空状態を保つ

粒立ち保温
・約12時間の保温が可能
・ご飯の水分蒸発を抑えて、おいしさを長時間保つ
・保温時にも蒸気センサーを活用することで、水分蒸発を抑える

真空保温は、長時間の保温に適しています。粒立ち保温は、真空保温に比べて保温時間が短くなりますが、炊きたてのようなおいしさを長時間保つことができます。

なお、保温機能は、炊飯器のモデルによって保温時間や温度が異なる場合があります。また、保温中に蓋を開閉したり、保温庫内に他の食材を入れたりすると、ご飯のおいしさは劣化しやすくなります。

東芝の炊飯器は、保温機能が優れていることでも知られています。真空保温や粒立ち保温を搭載したモデルを選ぶと、よりおいしいご飯を長く楽しむことができます。

タイガー 炊飯器


2023年度のタイガー炊飯器の保温機能は、以下の2種類があります。

おひつ保温(土鍋タイプ)
※内釜を保温容器に入れて、木製のおひつのような保温環境を12時間再現。

粒立ち保温(その他の炊飯器)
※保温時にも蒸気センサーを活用することで、ご飯から出る蒸発水量を感知し、昇温温度を管理し、蒸発水量をベストな状態で保つことで、水分をごはんにとどめお米の輪郭を保ったままふっくら24時間保温。

おひつ保温は、木製のおひつを参考にした機能です。

木製のおひつは、呼吸によって空気と水分をコントロールすることで、ご飯のおいしさを保ちます。タイガー炊飯器のおひつ保温では、ハリつやポンプによって外気を取り込み、温度センサーによって湿度を制御することで、木製のおひつと同じように、ご飯のおいしさを保ちます。

具体的には、以下の2つの工程で保温を行います。
呼吸(炊き上がり後に、ハリつやポンプによって外気を取り込み、熱と蒸気を放出します。)
湿度制御(本体の底に搭載している温度センサーによって、呼吸が必要かどうか判断して、湿度を細かく制御します。)

これにより、炊きたてのおいしさを長時間保つことができます。

なお、おひつ保温は、タイガーの土鍋タイプに搭載されている機能です。

粒立ち保温は、2022年以降のモデルに搭載されている保温機能です。保温時にも蒸気センサーを活用することで、ご飯から出る蒸発水量を感知し、昇温温度を管理し、蒸発水量をベストな状態で保つことで、水分をごはんにとどめお米の輪郭を保ったままふっくら保温する

なお、保温機能は、炊飯器のモデルによって保温時間や温度が異なる場合があります。また、保温中に蓋を開閉したり、保温庫内に他の食材を入れたりすると、ご飯のおいしさは劣化しやすくなります。

タイガーの炊飯器は、保温機能が優れていることでも知られています。うるつや保温やおひつ保温を搭載したモデルを選ぶと、よりおいしいご飯を長く楽しむことができます。

シャープ 炊飯器


シャープの炊飯器の保温機能は、下記の種類があります。

・トリプル保温
※トリプル保温は、炊き上がり時に内釜内の温度を100℃以上に保つことで、ご飯の水分蒸発を抑え、炊きたてのおいしさを長持ちさせる機能です。

トリプル保温は、以下の3つの工程で構成されています。

蒸らし(炊き上がったら、内釜内の温度を100℃以上に保ち、ご飯に余分な水分を蒸発させます。)
保温(内釜内の温度を67℃~73℃(70℃±3℃)に保ち、ご飯の水分蒸発を抑えます。)
再加熱(保温開始から約6時間後に、内釜内の温度を100℃以上に保ち、ご飯の水分蒸発をさらに抑えます。)

トリプル保温により、炊きたてのおいしさを約12時間保つことができます。

トリプル保温は、PLAINLYシリーズを除くシャープの炊飯器に搭載されています。

ただ、トリプル保温という名称は、公式サイトにも使われていない言葉で、正式な文言ではありません。保温機能を売りの保温機能ではなく、通常の保温機能として全機種に搭載されている保温素ステムということですね。

まとめ

※、上記に紹介した各炊飯器は、Amazonや楽天での販売で年式が古い機種が多いです。ただ、記述したデータは最新型のデータなので、食い違う場合があることをご了承ください。

炊飯器の保温機能は、ご飯の食感や風味を長時間にわたって保つために非常に重要です。

上記のモデルはそれぞれ異なる特徴と性能を持っており、家庭のニーズに合わせて選択できます。長時間の保温が必要な場合は高性能なモデルを検討し、炊飯器を使って毎日の食事をより美味しく楽しんでください。

これらの炊飯器モデルを比較することで、保温機能に優れた炊飯器を選ぶ際に役立つ情報を得ることができます。家庭のニーズや予算に合わせて、最適な炊飯器を見つけましょう。

タイトルとURLをコピーしました