Apple Watch SE 第2世代の口コミ評判をレビュー!バッテリー問題や何が違ったのか機能や特徴やデメリットも紹介!

スマートウォッチといえば、王道のApple Watchを持つのがあこがれですが、Apple Watchにも口コミから分かるデメリットなどが存在します。

そういったデメリットや機能や特徴などの違いなど諸問題を解決すべく、Apple Watchを紐解いてみました。

この記事では、Apple Watchのバージョンアップ型「Apple Watch SE 第2世代」をレビューしました。

Apple Watch SE 第2世代が気になっている方は、この記事を今後のスマートウォッチ選考の参考にしてくださいね。

Apple Watch SE 第2世代をレビュー!

Apple Watch SE 第2世代は、2022年9月16日に発売されたApple Watchの最新モデルです。Apple Watch Series 7とほぼ同じデザインと機能を備えていますが、価格が安くなっているのが特徴でもあり魅力的な変更点です。

Apple Watch SE 第2世代の気になる特徴を、下記に掲載してみました。

・41mmと45mmの2つのサイズ展開

・Apple Watch Series 7と同じA15 Bionicチップ

・18時間のバッテリー駆動時間

・GPS、セルラーモデル、GPS+セルラーモデルの3種類

・「血中酸素濃度センサー、心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、光学心拍センサー、電気心拍センサー、転倒検出センサー、マイク、スピーカー、NFC、Wi-Fi、Bluetooth」

・「心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、活動量計、GPSナビゲーション、電話、メール、メッセージ、カレンダー、天気、音楽、ゲーム、Apple Pay、Siri」など

Apple Watch SE 第2世代は、Apple Watch Series 7のほとんどの機能を備えた、より手頃な価格のスマートウォッチですが、初めてApple Watchを購入する方におすすめのスマートウォッチかもしれません。



Apple Watch SE 第2世代の評判

Apple Watch SE 第2世代の評判は、全体的に好評です。Apple Watch Series 7とほぼ同じデザインと機能を備えているのに、価格が安いことが評価されています。また、バッテリー駆動時間も長く、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、活動量計、GPSナビゲーション、電話、メール、メッセージ、カレンダー、天気、音楽、ゲーム、Apple Pay、Siriなど、多くの機能を搭載していることも好評です。

Apple Watch SE 第2世代は、初めてApple Watchを購入する方におすすめです。また、Apple Watch Series 7とほぼ同じ機能を備えた、より手頃な価格のスマートウォッチを探している方にもおすすめです。

下記に、Apple Watch SE 第2世代の評判になっている理由を紹介してみました。

・Apple Watch SE 第2世代は、Apple Watch Series 7とほぼ同じデザインと機能を備えているのに、価格が安くてとても良い買い物でした。
・Apple Watch SE 第2世代のバッテリー駆動時間は長く、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、活動量計、GPSナビゲーション、電話、メール、メッセージ、カレンダー、天気、音楽、ゲーム、Apple Pay、Siriなど、多くの機能を搭載しているので、とても便利です。
・Apple Watch SE 第2世代は、初めてApple Watchを購入する方におすすめです。また、Apple Watch Series 7とほぼ同じ機能を備えた、より手頃な価格のスマートウォッチを探している方にもおすすめです。

Apple Watch SE 第2世代の口コミ

賛否両論のさまざまな口コミ内容がありましたが、デメリット的内容の口コミには、やはりバッテリー問題の口コミ内容が多かったですね。昼休みなど充電できる補助バッテリーの持ち歩きは必須かなと思いましたが!

初期トラブル的充電の不具合や機能動作の不具合など、早期の返品交換が妥当かとも感じましたが、買って良かったという人たちが多くいて、使い勝手が良いと感じる場面が使い心地がよさそうでしたね。

Apple Watch SE 第2世代のバッテリー問題

Apple Watch SE 第2世代は、バッテリー駆動時間が18時間となっています。ですが、一部の人たちはバッテリーがすぐに消耗するといった問題が数多く報告されています。

この問題の原因は、Apple側ではまだ完全には解明されていませんが、いくつかの要因が考えられます。

・使用頻度が高い
・明るい画面を使っている
・多くのアプリを使っている
・GPSやセルラー通信を使っている
・常に心拍数や睡眠を測定している
・バッテリーが劣化している

バッテリーの寿命を延ばすためには、下記を行ってみてください。

・バッテリー充電の最適化。
・再起動を試みる。
・昼休みなど空いた時間に充電する。
・使用頻度を減らす。
・画面の明るさを下げる。
・使わなくなったアプリを終了する。
・GPSやセルラー通信を使わないようにする。
・心拍数や睡眠の測定を頻繁に行わない。

Apple Watch SE 第2世代のバッテリー充電の最適化方法

Apple Watch SE 第2世代のバッテリー充電の最適化方法は、下記内容を行ってみてください。

・バッテリーを80%まで充電する。
・バッテリーを100%まで充電しっぱなしにしないようにする。
・バッテリーが劣化してきたら、Appleにバッテリー交換を依頼する。
・バッテリーを80%まで充電すると、バッテリーの劣化を遅らせることができます。バッテリーを100%まで充電しっぱなしにすると、バッテリーが劣化しやすくなります。バッテリーが劣化してきたら、Appleにバッテリー交換を依頼してください。

ただ、これらを行ってもバッテリーがすぐに消耗するなどの問題が続く場合は、Appleに問い合わせてください。

Apple Watch SE 第2世代の機能や特徴

Apple Watch SE 第2世代の特徴を、下記に掲載してみましたので、参考にしてください。

・41mmと45mmの2つのサイズ展開
・Apple Watch Series 7と同じA15 Bionicチップ
・18時間のバッテリー駆動時間
・GPS、セルラーモデル、GPS+セルラーモデルの3種類
・血中酸素濃度センサー、心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、光学心拍センサー、電気心拍センサー、転倒検出センサー、マイク、スピーカー、NFC、Wi-Fi、Bluetooth
・心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、活動量計、GPSナビゲーション、電話、メール、メッセージ、カレンダー、天気、音楽、ゲーム、Apple Pay、Siriなど

Apple Watch SE 第2世代は、Apple Watch Series 7のほとんどの機能を備えた、より手頃な価格のスマートウォッチです。初めてApple Watchを購入する方におすすめです。

Apple Watch SE 第2世代は第1世代と何が違うのか?

Apple Watch SE 第2世代と第1世代の違いは次のとおりです。

・プロセッサ: A15 Bionicチップ (第2世代) vs. S5チップ (第1世代)
・バッテリー駆動時間: 18時間 (第2世代) vs. 18時間 (第1世代)
・ディスプレイ: 1.78インチ LTPO OLEDディスプレイ (第2世代) vs. 1.65インチ OLEDディスプレイ (第1世代)
・セルラーモデル: あり (第2世代) vs. なし (第1世代)
・血中酸素濃度センサー: あり (第2世代) vs. なし (第1世代)
・価格: 4万2800円〜 (第2世代) vs. 3万6800円〜 (第1世代)

Apple Watch SE 第2世代は、第1世代に比べてプロセッサが高速化し、バッテリー駆動時間が長くなりました。また、血中酸素濃度センサーが搭載され、セルラーモデルも選択可能になりました。価格は第1世代に比べて6000円高くなりました。

Apple Watch SE 第2世代のデメリット

・初期不良の場合がある。
・ディスプレイが小さい。
・常時表示機能がない。
・血中酸素濃度センサーがない。
・体温センサーがない。
・防水性能がIPX7のみ。

Apple Watch SE 第2世代を使用して、「バッテリーの減りが早い、充電できない、画面タッチができない」などのトラブル時は、初期不良の確率が高いため、早期の返品交換の対応をするのが適切と感じます。

また、「常時表示機能がない、血中酸素濃度センサー、体温センサーがない、防水性能がIPX7のみ」の、仕様となっているため、これらの機能が使い硬いという方にとってのApple Watch SE 第2世代は、使い勝手が良くないということになりそうです。

Apple Watch SE 第2世代のメリット

Apple Watch SE 第2世代の機能は多機能型スマートウォッチです。

「血中酸素濃度センサー、心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、光学心拍センサー、電気心拍センサー、転倒検出センサー、マイク、スピーカー、NFC、Wi-Fi、Bluetooth、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、活動量計、GPSナビゲーション、電話、メール、メッセージ、カレンダー、天気、音楽、ゲーム、Apple Pay、Siri」など、機能が多いのがメリットです。

ただし、もしこれらの機能を必要としない場合は、ただでさえ高価なApple Watch SE 第2世代を持つ意味がないので、デメリットともなる可能性が高くなります。

Apple Watch SE 第2世代はこんな人におすすめ

Apple Watch SE 第2世代は、価格が手頃で、バッテリー駆動時間が長く、心拍数や睡眠を測定できる、便利なスマートウォッチです。

Apple Watchの中でも比較的安価な価格設定になっているため、初めてApple Watchを購入する方にはおすすめかもしれませんね。

Apple Watch SE 第2世代がおすすめできる人は、下記を参考にしてください。

・初めてApple Watchを購入する方
・価格が手頃なApple Watchを探している方
・バッテリー駆動時間が長いApple Watchを探している方
・心拍数や睡眠を測定できるApple Watchを探している方
・多くのアプリに対応しているApple Watchを探している方
・便利な機能が豊富なApple Watchを探している方

Apple Watch SE 第2世代は、これらの条件をすべて満たす、優れたスマートウォッチです。ぜひ一度、検討してみてください。

Apple Watch SE 第2世代を最安値で購入する方法

Apple Watch SE 第2世代を最安値で購入する方法は、ハッキリ言ってありません。

ただし、ポイントやクーポンなどを使うことで安く購入することが可能です。

Amazon:5.5%還元
楽天:楽天マラソン10%還元
ヤフーショッピング:クーポン、ポイント使用

Apple Watch SE 第2世代のQ&A

Q1:Apple Watch SE 第2世代のバッテリー駆動時間はどれくらいですか?
A1:Apple Watch SE 第2世代のバッテリー駆動時間は、18時間です。これは、Apple Watch Series 7のバッテリー駆動時間と同じです。

Q2:Apple Watch SE 第2世代は防水ですか?
A2:Apple Watch SE 第2世代は、IPX7の防水規格を取得しています。これは、水深1メートルの水に30分間浸水しても、内部に水が浸入しないレベルの防水性能です。そのため、Apple Watch SE 第2世代は、水泳やシャワーなど、水に触れるような場面でも使用することができます。ただし、ダイビングやウォータースポーツなど、水圧が高い環境では使用しないでください。

Q3:Apple Watch SE 第2世代には、どのような機能がありますか?
A3:・心拍数計測
・睡眠計測
・GPS
・セルラー通信
・タッチスクリーン
・音声アシスタント
・アプリストア
・Apple Pay
・緊急 SOS

Q4:Apple Watch SE 第2世代は、どのiPhoneと互換性がありますか?
A4: Apple Watch SE 第2世代は、iPhone 6s以降のiPhoneと互換性があります。

Q5:Apple Watch SE 第2世代の価格はいくらですか?
A5: Apple Watch SE 第2世代の価格は、GPSモデルが42,800円、セルラーモデルが52,800円です。

Q6:Apple Watch SE 第2世代を買う前に、知っておくべきことはありますか?
A6:・Apple Watch SE 第2世代は、Apple Watch Series 7と同じプロセッサを搭載していますが、ディスプレイサイズが小さく、血中酸素濃度センサーや常時表示機能がありません。
・Apple Watch SE 第2世代は、Apple Watch Series 7よりも安価ですが、バッテリー駆動時間は同じです。
・Apple Watch SE 第2世代は、iPhone 6s以降のiPhoneと互換性があります。

Apple Watch SE 第2世代と他の商品と比較

Apple Watch SE 第2世代と比較できるスマートウォッチには、Fitbit Versa 3があります。

おもな違いは、
価格
・Apple Watch SE 第2世代:42,800円から
・Fitbit Versa 3:39,800円から

ディスプレイサイズ
・Apple Watch SE 第2世代:1.78インチ
・Fitbit Versa 3:1.58インチ

バッテリー駆動時間
・Apple Watch SE 第2世代:18時間
・Fitbit Versa 3:6日間

音声アシスタント

・Apple Watch SE 第2世代:Siri
・Fitbit Versa 3:Alexa

アプリストア
・Apple Watch SE 第2世代:App Store
・Fitbit Versa 3:Fitbit App Store

対応機種
・Apple Watch SE 第2世代:iPhone 6s以降
・Fitbit Versa 3:Androidスマートフォン

特徴
・Apple Watch SE 第2世代:デザインが洗練されている、Apple製品との連携が優れている、多くのアプリが利用できる
・Fitbit Versa 3:バッテリー駆動時間が長い、価格が安い、フィットネストラッキング機能が優れている。

Apple Watch SE 第2世代は、デザインが洗練されている、Apple製品との連携が優れている、多くのアプリが利用できるなどの特徴があります。Fitbit Versa 3は、バッテリー駆動時間が長い、価格が安い、フィットネストラッキング機能が優れているなどの特徴があります。

どちらのスマートウォッチを選ぶかは、自分の用途や好みによって異なります。アクティブな生活を送る人や、健康管理に重点を置きたい人は、Fitbit Versa 3がおすすめです。デザイン重視の人や、Apple製品との連携を重視したい人は、Apple Watch SE 第2世代がおすすめです。

Apple Watch SE 第2世代とFitbit Versa 3は、どちらも優れたスマートウォッチです。どちらを選ぶかは、自分の用途や好みによって異なります。

Apple Watch SE 第2世代の仕様

商品名Apple Watch SE
ディスプレイ41mmまたは45mmのRetinaディスプレイ
プロセッサS8 SiP
メモリ32GB
ストレージ16GB
バッテリー駆動時間18時間
接続性Wi-Fi、Bluetooth、GPS、セルラー(オプション)
センサー心拍数センサー、血中酸素濃度センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、光学心拍センサー、電気心拍センサー、転倒検出センサー、マイク、スピーカー
対応OSiOS 15以降

まとめ

Apple Watch SE 第2世代は、2022年9月16日に発売されたApple Watchの最新モデル。Apple Watch Series 7とほぼ同じデザインと機能を備えていますが、価格が安くなっているのが特徴です。

Apple Watch SE 第2世代の主な特徴は、下記を参考にしてください。

・41mmと45mmの2つのサイズ展開
・Apple Watch Series 7と同じA15 Bionicチップ
・18時間のバッテリー駆動時間
・GPS、セルラーモデル、GPS+セルラーモデルの3種類
・血中酸素濃度センサー、心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、光学心拍センサー、電気心拍センサー、転倒検出センサー、マイク、スピーカー、NFC、Wi-Fi、Bluetooth
・心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、活動量計、GPSナビゲーション、電話、メール、メッセージ、カレンダー、天気、音楽、ゲーム、Apple Pay、Siriなど

Apple Watch SE 第2世代は、Apple Watch Series 7のほとんどの機能を備えた、より手頃な価格のスマートウォッチです。初めてApple Watchを購入する方におすすめです。



タイトルとURLをコピーしました